産経オンライン英会話Plusの評判【メリット・デメリットをまとめてみた】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         産経オンライン英会話Plusの評判【メリット・デメリットをまとめてみた】
Pocket

「産経オンライン英会話を始めてみようかな…」

「でも、その前にレッスンの雰囲気や講師の評判が知りたい」

「そもそもオンライン英会話初心者だけど大丈夫かな…?」

このような疑問に、オンライン英会話歴1年半の私がお答えします。

 

産経オンライン英会話は、ずばり以下のような人におすすめのスクール。

  • なるべく安く勉強したい
  • オンライン英会話が初めて
  • いきなり外国人と話すのは不安
  • 自分でレッスンスケジュールを組みたい
  • 接客英語を勉強したい
  • ネイティブスピーカーのレッスンを受けてみたい
  • 家族で英会話を勉強したい

 

なぜおすすめなのか、本記事では、その理由を産経オンライン英会話のメリット・デメリットとともに解説します。

産経オンライン英会話を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

 

産経グループが提供するオンライン英会話Plus



 

産経オンライン英会話の基本情報




公式サイト:https://human.sankei.co.jp/

産経オンライン英会話の基本情報は、以下のとおり。

料金プラン(税込み)

【プラン620】

6,380円(1日1レッスン)

【プラン1240】

12,100円(1日2レッスン)

【お試しプラン】

2,640円

レッスン時間

125

レッスン可能時間

5:00~25:00

講師

フィリピン・日本・ネイティブ

教材

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • 職業別英会話
  • ニュースディスカッション
  • TOEIC
  • GCAT
  • CASEC

など

無料体験レッスン

25×2

スマホアプリ

なし

 

産経オンライン英会話のメリット5つ

産経オンライン英会話のメリット5つ

つづいて、産経オンライン英会話の特徴を、5つのメリットに分けて説明します。

他のスクールと何が違って、どこが良いのか、ここで理解しておきましょう。

 

料金が安い

  • プラン620:6,380円
  • プラン1240:12,100円
  • お試しプラン:2,640円(※初めての方限定)

産経オンライン英会話の料金プランは上記のとおり。

月額6,380円ですべての教材が使えるので、他のスクールと比較しても格安です。

 

さらに、初めての方限定の「お試しプラン」を使えば、月額2,640円から始められます。

大体参考書1冊分くらいの値段なので、学生さんでも始めやすいですよね。

他のスクールと迷っているなら、まずは産経オンライン英会話のお試しプランを試してみるのもアリです。

 

 

カスタマイズプランで自由にスケジュールが組める

産経オンライン英会話では、さきほど紹介した3つの料金プランの他に、自由に組み合わせができるカスタマイズプランがあります。

1日のレッスン数・1ヶ月のレッスン数をカスタマイズできるので、生活スタイルに合わせて学習可能です。

 

たとえば、「平日は仕事が忙しいから土日にまとめて勉強したい」といった方におすすめ。

「1日1レッスン以上受けたい」「週末にまとめてレッスンしたい」という方は、カスタマイズプランを選ぶといいでしょう。

 

家族でアカウントをシェアできる

産経オンライン英会話では、1つのアカウントにつき家族5人までサブアカウントを追加できます。

アカウント内でコイン(レッスン受講の際に必要)をシェアできるので、余ったレッスンを無駄にすることがありません。

たとえば、仕事でレッスンが受けられなかったから、子どもにその分のコインを渡すといった使い方ができます。

 

わざわざ人数分の支払先や住所を登録する必要もないので、便利ですよね。

「子どもが英会話を勉強するついでに、自分も勉強したい」といった方には、大変おすすめです。

 

日本人講師・ネイティブ講師も在籍

産経オンライン英会話では、フィリピン人講師の他に日本人講師やネイティブ講師も在籍しています。

学習目的やレベルに合わせて、好きな講師を選べるのが便利です。

 

たとえば、「いきなり外国人講師は不安だから日本人講師」「とにかく安くしたいからフィリピン人講師」「発音やアクセントを練習したいからネイティブ講師」といった選び方ができます。

フィリピン人講師以外も興味がある方は、産経オンライン英会話がおすすめです。

 

ビジネス英語に強い

産経オンライン英会話は、ビジネス英語に強いスクールの1つ。

産経新聞でも有名な産経グループが運営しているので、ニュース教材が豊富にそろっています。

ニュースディスカッションコースでは、国内外の時事ニュース英語で理解する・意見を伝える練習ができます。

 

また、職業別英会話コースでは、レストランや鉄道、タクシーなど、職業別のビジネス英語が学べます。

「社会問題について英語で話せるようになりたい」「接客英語を勉強したい」という方には、産経オンライン英会話のビジネス英語教材がおすすめ。

 

 

産経オンライン英会話のデメリット3つ

産経オンライン英会話のデメリット3つ

つづいて、産経オンライン英会話のデメリットを3つ紹介します。

メリットがあれば、当然デメリットもあるので、両方を知ったうえであなたに合ったスクールを選ぶことが大切です。

 

早朝・深夜はレッスンできない

1つ目は、レッスン可能な時間帯です。

オンライン英会話だと、24時間レッスンが受講できるスクールもありますが、産経オンライン英会話のレッスン時間は5:00〜25:00です。

したがって、深夜や早朝にレッスンしたい方には向いていません。

 

とはいえ、朝5時から夜中の1時まではレッスンできるので、よほどでない限りは産経オンライン英会話でまったく問題ないです。

どうしても深夜にレッスンしたい方は、「ネイティブキャンプ」や「DMM英会話」といった、24時間対応しているスクールを選ぶといいでしょう。

 

 

職業別教材はサービス業のみ

2つ目は、サービス業以外の職業別教材がないこと。

職業別英会話コースで学べるのは、小売店・レストラン・鉄道・タクシー・郵便局の5つです。

したがって、エンジニアや営業など、サービス業以外の職業別英語が学びたい方には、あまり向いていません。

 

仕事で使う専門的な英語を勉強したい方は、業界別英語コースがある「EFイングリッシュライブ」がおすすめ。

EFイングリッシュライブでは、金融・保険・自動車・情報通信など、全17業種の専門的なビジネス英語が学べます。

 

 

スマホアプリがない

3つ目は、スマホアプリがないこと。

産経オンライン英会話では、ブラウザ(Google chromeやSafariなど)から専用のレッスンルームにログインして、レッスンを受講します。

専用のスマホアプリがあるわけではないので、スマホでレッスンする場合は少し不便。

画面が小さくて見づらい・操作しづらいと感じるかもしれません。

 

ネイティブキャンプ」や「レアジョブ」では、専用のスマホアプリでレッスンが受講できます。

レッスンの受講だけでなく、レッスン予約や学習管理、復習もすべてアプリでできるので、パソコンを持っていない方におすすめです。

 

 

英会話初心者には産経オンライン英会話がおすすめ

産経オンライン英会話Plusの評判【メリット・デメリットをまとめてみた】

さいごに、産経オンライン英会話がおすすめな人を、もう一度まとめます。

  • オンライン英会話が初めてな人
  • いきなり外国人と話すのは不安な人
  • なるべく安く英会話を勉強死体人
  • 自由にレッスンスケジュールを組みたい
  • 接客英語を勉強したい人
  • ネイティブスピーカーのレッスンを受けてみたい人

以上です。

 

産経オンライン英会話は、格安で英語が学べるオンライン英会話です。

月額2,640円〜選べるので、お金がない学生さんや、新入社員の方でも気軽に始められます。

「オンライン英会話が初めてで不安」といった方には、日本語と英語が話せる日本人のバイリンガル講師もおすすめ。

「興味があるけど、迷っている」という方は、まず無料体験レッスンを受けてみるといいですよ!

 

産経グループが提供するオンライン英会話Plus



 

関連記事>>>【目的別】オンライン英会話歴1年半の私が厳選したおすすめスクール4選

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください