カランメソッドの効果が出ない?「短期決戦」がレベルアップのコツです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         カランメソッドの効果が出ない?成果を出すコツは「短期決戦」です!
Pocket

「カランメソッドをやっているけど、全然効果が出ない」

「このまま続けて意味あるのかな…」

「カランメソッドの正しい使い方が知りたい」

このような疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事になっています。

 

なぜなら、これから紹介する「カランメソッドの効果的な使い方」を実践したことで、私自身、TOEICのスコアを730点から835点まで上げることができたからです。

記事の前半では「カランメソッドで効果が出ない理由」を解説しつつ、記事の後半では「カランメソッドで効果を出すための正しい使い方」を具体的に解説します。

この記事で紹介する方法を実践すれば、カランメソッドを使って、短期間で一気に英語力をアップさせることも可能ですよ。

 

 

関連記事>>>カランメソッドはどれくらいの頻度が効果的?【正しいやり方を解説します】

 

 

カランメソッドで効果が出ない理由

カランメソッドで効果が出ない理由

カランメソッドで効果が出ない理由は、大きく分けて以下の3つです。

  1. 復習が足りない
  2. カランメソッドしかしていない
  3. レベルが合っていない

あなたにも当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

 

理由1:復習が足りない

1つ目は、レッスンの復習が足りていないことです。

英語学習において復習は必須ですが、カランメソッドでは特に重要。

というのも、カランメソッドではレッスンで習う英語の量が膨大だからです。

 

ステージにもよりますが、カランメソッドでは1レッスンあたりテキスト1〜6ページほど進みます。

1ページ分なら、復習もそれほど時間はかかりませんが、6ページとなると復習も結構大変。

きちんと復習するなら、少なくとも1時間はかかるでしょう。

 

したがって、「1回15分くらいしか復習をしていない」という人は、明らかに復習が足りていません。

毎回のレッスン後はもちろん、過去の内容も定期的に復習することで、記憶に定着させられます。

ステージが終わる頃には、前半の内容をすっかり忘れてしまっているという人は、復習のやり方を見直してみるといいでしょう。

 

理由2:カランメソッドしかしていない

2つ目は、カランメソッドしかしてないことです。

カランメソッドは、あくまで英語を話すための訓練です。

そのため、カランメソッドだけ勉強していたのでは、実際の会話は上達しません。

カランメソッドと合わせて会話形式のレッスンを組み合わせると、より効果的に会話力が鍛えられるでしょう。

 

カランメソッドのレッスンは、テキストに沿って講師が質問し、生徒がそれに答えるというもの。

レッスン中に話す内容は、すべてテキストに書いてあるので、生徒が自分の意思で会話をするわけではありません

もちろん、すばやく回答する・フルセンテンスで答えるなど細かいルールはありますが、これらは全て英語を話せるようになるための準備。

実際の会話では、相手の会話に合わせて話を広げていくアドリブ力が必要になります。

 

しかしながら、カランメソッドではこのアドリブ力が鍛えられません。

質問と答えが決まっているので、いわゆる「オウム返し」になるからです。

したがって、実際に英語で「会話できる」ようになるためには、フリートークやディスカッションのような会話形式のレッスンを組み合わせると、より効果的に「会話力」を鍛えられます。

 

理由3:レベルが合っていない

3つ目は、レベルが合っていないことです。

カランメソッドは、英語初心者から上級者まで誰でも受講できますが、少なくとも講師の英語を理解できるだけのリスニング力が必要。

最低でも中学レベルの単語と文法が頭に入っていないと、効果は期待できないでしょう。

 

カランメソッドの特徴の1つに、レッスン中はテキストを見れないというルールがあります。

テキストを確認できないため、生徒はリスニングを頼りにレッスン内容を理解しなければなりません。

そのためには、講師の英語を聞き取るリスニング力、聞き取った単語の意味がわかる語彙力・文法力が必要であり、最低限の英語力がないと難しいでしょう。

 

カランメソッドのステージ1〜2は、中学レベルの内容です。

したがって、いくら「英語力に応じてステージが決まる」と言っても、中学英語が頭に入っていないカランメソッドの効果は期待できないでしょう。

 

カランメソッドの効果的な使い方

カランメソッドの効果的な使い方

では、ここからは、具体的にカランメソッドの効果的な使い方を5つ紹介します。

 

1.予習をする

1つ目は、予習をすること。

カランメソッドでは、原則予習禁止というルールがありますが、より速く効果を出したいなら予習してからレッスンに臨むことをおすすめします。

というのも、予習せずにレッスンを受けると、答えがわからなかった場合に余計な時間がかかってしまうからです。

 

カランメソッドでは、生徒が答えるのが遅いと、講師が解答を読み始めます。

この場合、答えを聞いてそれを真似することになるので、先に予習して答えを知っておくのと、効果は同じです。

むしろ、予習して答えを知っておいた方が、素早く回答できますから、余計な時間を使わずに済みます。

 

ちなみに、予習の方法はその日のレッスン内容を音読するだけで十分。

一度テキストに目を通しておくだけでも、比較的スムーズに答えられるようになるはずです。

 

2.答えにつまった時すぐに助けてくれる講師を選ぶ

2つ目は、答えにつまった時すぐに助けてくれる講師を選ぶこと。

講師の助けが遅いと、さきほどと同じように「講師を待つ」という無駄な時間が発生するからです。

 

カランメソッドでは、生徒が回答につまった時の「答えを教えてくれるタイミング」は講師によってばらばらです。

なんとか生徒に答えさせようと待ち続ける人もいますが、わからないものはわからないので、ぶっちゃけ時間の無駄。

それなら、「すぐに答えを教えてくれる講師」を選ぶ方が、時間を無駄にしませんし、1レッスンでより多く進めます。

 

したがって、効率的に学習したいなら、答えにつまった時すぐに助け舟を出してくれる講師を選ぶのがおすすめです。

 

3.繰り返し復習する

3つ目は、繰り返し復習をすること。

はじめに説明したように、復習をしない人はカランメソッドで効果がでません。

1レッスンあたりに習う英語の量が多いため、復習をしないとすぐに習った内容を忘れてしまうからです。

カランメソッドで効果を出したければ、毎回のレッスン後に加えて、過去の内容も定期的に復習しましょう。

 

復習の方法は、予習と同様にテキストの音読が効果的。

心のなかで読むだけではなく、きちんと声に出すことで、内容を思い出しながら発音練習ができます。

さらに、正しく発音できれば聞き間違えも減るので、リスニング力もアップするはず。

テキストを全て暗記するつもりで、何度も何度も繰り返し発音しましょう。

 

4.短期間で集中的に学習する

4つ目は、短期間で学習すること。

短期間で集中すれば、習った内容を忘れる前に学習を終わらせられるからです。

 

どんなに記憶力がいい人でも、復習なしでは、習ったことを忘れてしまいます。

そのため、復習は必須ですが、学習期間が長くなると、そのぶん復習にかかる時間も多くなってしまいます。

たとえば、1ヶ月前のことは比較的思い出しやすいですが、1年前となると、思い出すのも大変ですよね。

つまり、1年間ダラダラ勉強するよりも、1ヶ月集中して勉強した方が、復習にかかる時間が短くて済むのです。

 

とはいえ、短期間でも復習は必要なので、無理のない範囲で学習スケジュールを組むのがいいでしょう。

 

5.他のレッスンと組み合わせる

5つ目は、他のレッスンと組み合わせることです。

さきほども説明したように、カランメソッドだけ受講していたのでは、英語を話せるようになりません。

フリートークやディスカッションなど会話形式のレッスンと組み合わせることで、「会話力」が鍛えられます。

私が利用していた「ネイティブキャンプ」は、カランメソッド以外のレッスンが追加料金なしで受けられておすすめです。

 

また、レッスンだけでなく、外国人の友達や観光客と実際に会話するのもOK。

英会話カフェやランゲージエクスチェンジのMeetupを使えば、日本にいながら外国人と話すことができます。

 

大切なのは、実際に英語を話して会話に慣れること

どんどん英語を話して、カランメソッドで習得したスキルを定着させましょう。

 

 

 

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!ネイティブキャンプ



 

カランメソッドが向いている人・向いていない人

カランメソッドが向いている人・向いていない人

ここまでの内容を踏まえて、カランメソッドが向いている人・向いていない人の特徴をまとめます。

「カランメソッドで効果が出ない」という人は、どっちに当てはまるかチェックしてみてください。

 

カランメソッドが向いている人

カランメソッドが向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • お金と時間に余裕がある人
  • 短期間で集中して学習できる人
  • なんとしても英語を習得したい人
  • 英会話中級者以上

 

カランメソッドが向いている人の特徴は、ずばり「時間」がある人です。

短期間で集中的に勉強するとなると、1日1時間以上は勉強時間を確保できるのが理想。

また、英語学習初心者の方は、参考書やオンライン英会話を使って、まず基礎文法や単語を身につけることをおすすめします。

最低でも中学英語の内容が頭に入っていないと、カランメソッドをやっても効果は出づらいでしょう。

 

カランメソッドが向いていない人

カランメソッドが向いていない人の特徴は、以下のとおりです。

  • 意志が弱い人
  • 長期的に英語を話せるようになりたい人
  • 中学英語を忘れている人
  • オンライン英会話初心者

 

カランメソッドが向いていない人の特徴は、「なんとなく英語をはなせるようになりたいな」という理由で勉強していることです。

どうしても今すぐ英語が必要というわけではなく、将来的になんとなく英語を話せたらいいなと思っている人には、カランメソッドは向いていません。

まずは英語を話すのに慣れていきたいという方は、初心者向けのオンライン英会話や、YouTubeなどの無料ツールを使うのがおすすめ。

レッスンが楽しいと感じるようになれば、勉強も無理なく続けられますよ。

 

 

カランメソッドは短期決戦が効果的!

まとめ:カランメソッドのコツは短期決戦

記事のポイントをまとめます。

  • カランメソッドでは予習復習が必須
  • すぐに答えを教えてくれる講師を選ぶのがおすすめ
  • 短期間で集中的に勉強した方が効率がいい
  • カランメソッド以外のレッスンと組み合わせるとより効果的
  • 英語初心者はまず中学英語の文法と単語を勉強するべき
  • カランメソッドが向いていない人は無料の英語学習ツールを使うのがおすすめ

以上です。

 

カランメソッドは、正しく学習すれば、通常の何倍ものスピードで英語を習得できます。

一方で、人によって向き・不向きがあるので、あなたの学習スタイルや英語力に合った方法で勉強することが大切です。

今回の記事を読んで「カランメソッドが向いていないかも」と思った方は、一度学習方法を見直してみるといいかもしれません。

 

 

関連記事>>>カランメソッドとは?4倍速の理由とカランにおすすめのオンライン英会話を紹介

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください