ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマ3選【面白くて勉強になる】

ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマ3選【面白くて勉強になる】ビジネス英語

「海外ドラマを見ながら英語の勉強がしたい」

「ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマは?」

「海外ドラマを使った効果的な勉強方法も教えてほしい」

このような疑問にお答えします。

海外ドラマや映画好きの方は、「海外ドラマを見ながら英語が勉強できたらいいな」と思いますよね。

学校の授業と違って楽しみながら学べるので、勉強が苦手な方にもおすすめ。

NetflixやAmazonプライムは料金も安いので、楽しく安く学べて一石二鳥です。

とはいえ、無理して「勉強向き」のようなつまらない内容のドラマを選んでも、面白くないと感じて見るのが苦痛になってしまいます。

そこで本記事では、ビジネス英語の勉強におすすめで、且つ内容も面白い海外ドラマを3つ厳選して紹介します。

海外ドラマで英語学習をするときの注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。

ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマ3選

ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマ3選

今回紹介するビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマは、以下の3つ。

簡単にあらすじも解説していくので、「面白そう」と思ったものがあれば、ぜひ見てみてください。

  • SUITS
  • ハウス・オブ・カード
  • シリコンバレー

SUITS

SUITS(スーツ)は、2人の敏腕弁護士が活躍するリーガルドラマです。

優秀でNYきっての敏腕弁護士ハーヴィーと、弁護士資格を持たないが天才的な頭脳のマイクが主人公。

2人が様々な訴訟を解決していく中で、法律用語や企業の経営に関する専門用語がたくさん出てくるので、ビジネス英語の勉強として非常におすすめ。

内容も非常に面白く、アメリカでは初回視聴者数460万人を記録しています。

あらすじ

ハーヴィーは、大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない1匹狼だった。 そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィーはアソシエイトの面接を始める。

マイクはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げこむ。そこでハーヴィーは、マイクが天才的な頭脳を持っていることをすぐに見抜き、アソシエイトへの採用を決める。しかし、”ピアソン・ハードマン”は、ハーバード大学のロースクール出身者しか雇わない事務所。ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく。

引用:http://www.suits-tv.jp/index.html

SUITSが視聴できる動画サービス

  • Netflix
  • U-NEXT
  • Amazonプライム
  • Hulu

ハウス・オブ・カード

ハウス・オブ・カードは、アメリカの政権を舞台にした政治ドラマ。

2013年にNetflixで配信されると人気を博し、プライムタイム・エミー賞という賞を受賞しています。

政治や経済に関する専門用語がよく出てくるので、ビジネス英語の勉強におすすめ。

全部でシーズン6まで続いて完結しました。

あらすじ

主人公フランク・アンダーウッドはホワイトハウス入りを目指す下院議員。大統領候補ウォーカーを応援し、彼が当選した暁には国務長官のポストをもらう約束をしていた。しかし、大統領に当選したウォーカーはフランクを裏切り、別の人物を候補とする。耐えがたい屈辱を味わったフランクは、NPO法人「クリーン・ウォーター」の代表を務めるキャリア・ウーマンである妻クレアとともに権謀術数を駆使してホワイトハウス入りを目指す。フランクは記者のゾーイと関係を持ち、偽の情報を流して国務長官候補を陥れる。州知事の副大統領就任に伴う州知事選挙に、貸しのある議員ルッソを出馬させる。だが操れなくなると腹心のダグ・スタンパーにコールガールのレイチェルを使ってルッソを陥れさせ、自殺に見せかけて殺す。副大統領を再び州知事選に出馬させ、自分が副大統領となる。

引用:Wikipedia

ハウス・オブ・カードが視聴できる動画サービス

  • Netflix

シリコンバレー

シリコンバレーは、タイトルのとおりアメリカのシリコンバレーを舞台にしたドラマです。

主人公のリチャードがITのベンチャーを起業して、様々な問題を解決しながら成長していきます。

シリコンバレーというだけあって、IT関連やプログラミングの用語が出てくるのが特徴。

理系のビジネス英語を学びたい方におすすめできます。

あらすじ

大手IT企業であるHooli(フーリー)社に勤めている、ITオタクのリチャードは気弱な青年プログラマー。音楽アプリの制作をしていたリチャードは、これまでにない革命的な「データ圧縮アルゴリズム」を開発したことから、投資家たちはその技術力に目をつけ買収しようとする。またたく間に買収金額と条件は跳ね上がっていくが、リチャードは買収されることよりも「自分達の会社」を立ち上げることを選択する。

「CEOとしての地位」と「資金調達」に成功したリチャードは、仲間たちと共にITベンチャー企業「パイド・パイパー」を起業する。経営経験ゼロでコミュニケーション能力のないリチャードと、その個性的な創業メンバーたちは、次々に降り掛かってくるさまざまな困難に四苦八苦しながら、成長を続け夢に向かって進んでいく。

引用:Wikipedia

シリコンバレーが視聴できる動画サービス

  • U-NEXT

海外ドラマで英語を勉強するときの注意点3つ

海外ドラマで英語を勉強するときの注意点3つ

ここからは、海外ドラマを使って英語を勉強する際の注意点を3つ紹介します。

ただ単にドラマを見て終わるだけでなく、しっかり英語力をアップさせるためにもぜひチェックしておきましょう。

  • レベルに合わせて調整する
  • 繰り返し見る
  • 海外ドラマ以外の勉強も組み合わせる

レベルに合わせて調整する

1つ目は、レベルに合わせて字幕を表示させたり速度を調整して見ること。

NetflixやU-NEXTなどの動画サービスでは、基本的に字幕表示速度調整の機能があります。

したがって、初心者の方は日本語字幕をつけながら英語で見る、上級者は字幕なしで英語で見るといった感じで、レベルに合わせて勉強できます。

初心者がいきなり字幕なしで見ると、内容がわからず挫折してしまうので、あくまでも自分の英語力に合わせて使うことが大切。

上達してきたなと感じたら、英語字幕にしたり、字幕なしに挑戦してみるのがいいでしょう。

繰り返し見る

2つ目は、同じドラマやエピソードを繰り返し見ること。

1回見て終わりでは、ただ単に趣味として海外ドラマを見ているのと変わりません。

英語力をアップさせたければ、1回で終わらず、何度も繰り返し見て慣れることが大切。

特に、聞き取れなかったり、意味のわからなかったシーンは繰り返し見て復習するのが効果的です。

もちろん、知らない単語やフレーズは、意味を調べておきましょう。

海外ドラマ以外の勉強も組み合わせる

さいごは、海外ドラマ以外の勉強を組み合わせること。

具体的には、オンライン英会話を使ったスピーキング練習です。

海外ドラマを使った勉強は、英語を聞くだけで自分が話すわけではないので、どうしても受け身になりがち。

これだと、リスニング力はアップできますが、実際の会話で英語を話せるようになるかというとやはり難しいです。

オンライン英会話を使えば、実際に外国人講師と英語を話す練習ができるので、会話の実践練習として非常におすすめ。

特にビジネス英語は、職種や仕事内容によって必要な語彙力やフレーズも異なるので、オンライン英会話を使って「使えるビジネス英語」を練習しておくのが効果的です。

まとめ:海外ドラマでビジネス英語を身につけよう!

ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマ3選【面白くて勉強になる】

以上、ビジネス英語の勉強におすすめの海外ドラマ3選と、海外ドラマを使って英語を勉強する際の注意点をお伝えしました。

今回は、私自身が実際に見てみて面白いと感じたものを紹介しましたが、もちろん他にも面白くて勉強になる海外ドラマはたくさんあります。

無理して「ビジネス英語向け」のようなドラマを選ぶよりも、まずは自分が「面白い」と思うドラマを選ぶのが、長続きのコツ。

さいごに紹介した注意点を参考に、ぜひ海外ドラマを使ってビジネス英語の勉強をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました