ベストティーチャーの評判【ライティングレッスンのメリット・デメリットとは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ベストティーチャーの評判【ライティングレッスンのメリット・デメリットとは?】
Pocket

「ベストティーチャーを始めてみようかな…」

「でも、その前にレッスンの雰囲気や講師の評判が知りたい」

「そもそもオンライン英会話初心者だけど大丈夫かな…?」

このような疑問に、オンライン英会話歴1年半の私がお答えします。

 

ベストティーチャーは、ずばり以下のような人におすすめのオンライン英会話です。

  • 使える英語を身につけたい
  • 英語の試験対策がしたい
  • ライティングの添削をしてほしい
  • ネイティブ講師とレッスンしたい
  • スマホで英語を勉強したい

 

本記事では、なぜおすすめなのか、その理由をベストティーチャーのメリット・デメリットとともに解説します。

ベストティーチャーを検討している方は、ぜひ参考にしてください!

 

 

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)



 

 

ベストティーチャーの基本情報



公式サイト:https://www.best-teacher-inc.com/

 

ベストティーチャーの基本情報は、以下のとおり。

料金プラン(税込)

【通常コース】

12,000円

【試験対策コース】

各16,500円

【英検対策コース】

各16,500円

レッスン可能時間

24時間

講師

アメリカ、イギリス、フィリピン、カナダ、オーストラリア、インド、など

教材

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • 各種試験対策

など

無料体験レッスン

  • 通常コース:Writingレッスン3回、Speakingレッスン1回
  • 各種試験対策コース:Writingレッスン1回、Speakingレッスン1回

スマホアプリ

あり

 

ベストティーチャーのメリット5つ

ベストティーチャーのメリット5つ

つづいて、ベストティーチャーのメリットを紹介します。

他のスクールとどこが違って、何が良いのか、ここで理解しておきましょう。

 

レッスン回数無制限

ベストティーチャーには、WritingレッスンとSpeakingレッスンがありますが、どちらも受講回数に制限がありません。

したがって、とにかくたくさんレッスンしたい方や、短期間で集中的に英語力を鍛えたい方におすすめのスクール。

 

オンライン英会話は、1日1レッスンが基本でレッスン受け放題のスクールは多くありません。

ベストティーチャーの他には「ネイティブキャンプ」が有名ですが、こちらはやや初心者向けのスクール。

より質の高いレッスンが受けたい人には、ベストティーチャーがおすすめです。

 

 

世界60カ国以上の講師が選べる

ベストティーチャーには、アメリカ、イギリス、フィリピンなど、世界60カ国以上の講師が在籍しています。

追加料金なしでネイティブ講師も選べるので、ネイティブスピーカーとレッスンしたい方にもおすすめです。

 

さまざまな国の講師とレッスンするメリットは、より実践的な英語が身につくこと。

実際に海外に行って会話をしてみるとわかりますが、英語は国や地域によって「訛り(なまり)」があります。

いろんな国の講師と話すことで、この訛りに慣れることができ、よりリアルな英語が身につきますよ。

 

オンライン英会話で唯一のライティングレッスンがある

ベストティーチャーの最大の特徴が、ライティングレッスンです。

プロの講師に添削してもらえるので、独学が難しいライティングも効率よく学習できます。

また、ベストティーチャーでは、このライティングの回答を使ってスピーキングレッスンをします。

自分の回答がテキストになるので、より一人ひとりに合った英語を学べるのが魅力です。

 

通常、オンライン英会話では、決まったテキストに沿ってレッスンをします。

しかしながら、これだと「自分に当てはまらない英語」であっても勉強しなければならず、効率が悪いです。

 

たとえばビジネス英語なら、テキストの例文が営業職になっていたら、それ以外の職種の人も、営業で使うビジネス英語を勉強することになります。

実際には使わない単語やフレーズを勉強するのは、時間がもったいないですよね。実際の仕事や生活で使う英語だけを習うのが理想です。

ベストティーチャーなら、自分の英語がテキストになるので、まさしく「使える英語」が身につきます。

 

英語の試験対策に強い

ベストティーチャーには、通常コースの他に、TOEICやTOEFL、英検などの試験対策コースが豊富にあります。

もちろん、通常コース同様ライティングレッスンがあるので、英語の試験対策に大変おすすめです。

 

ベストティーチャーの試験対策コースは、以下のとおり。

  • TOEFL iBT対策コース
  • TOEIC SW対策コース
  • IELTS対策コース
  • 英検対策コース
  • TEAP対策コース
  • GTEC CBT対策コース

 

 

スマホアプリでどこでも学習できる

ベストティーチャーには専用のスマホアプリがあり、パソコンを持っていない方でも始められます。

レッスン受講の他に、ディクテーションやシャドーイングといった復習機能もついているので、スマホで英語学習したい方におすすめ。

 

ちなみに、スマホでレッスンを受ける場合のデメリットとして、先生の画面と教材が同時に見れないという問題があります。

スカイプだと、先生の画面と教材どちらか一方しか見れないので、慣れないうちはレッスンしづらく感じてしまいます。

 

ベストティーチャーのスマホアプリなら、画面の切り替えが簡単にでき、スマホでもレッスンしやすいです。

レッスンの受講と復習が1つでできるので、スマホで英会話を勉強したい方には大変おすすめ。

 

 

ベストティーチャーのデメリット2つ

ベストティーチャーのデメリット2つ

つづいて、ベストティーチャーのデメリットを2つ紹介します。

メリットがあれば、当然デメリットもあるので、両方を理解したうえでスクールを選びましょう。

 

料金がやや高い

1つ目は、料金が少し高いこと。

最も安い通常コースで月額12,000円なので、他のスクールと比べるとやや料金は高めです。

もちろん、ベストティーチャーはレッスン回数無制限なので、たくさんレッスンを受けるという方は、お得に利用できます。

 

しかしながら、週に数回しかレッスンしないという方だと、割高になってしまうでしょう。

同じくレッスン受け放題のネイティブキャンプは、月額6,480円から始められます。

教材も初心者向けのものが多いので、オンライン英会話が初めての方は、「ネイティブキャンプ」を検討してみるのもいいでしょう。

 

 

必ずライティングレッスンを受ける必要がある

2つ目は、ライティングレッスンの受講が必須であること。

スピーキングレッスンを受けるためには、必ずライティングレッスンを受ける必要があり、学習目的によっては向いていない可能性があります。

 

たとえば、「まずは英語を話すことに慣れたい」という初心者の方、あるいは、簡単な日常会話や旅行で使えるフレーズを勉強したいという方です。

このような方には、ライティングレッスンは少しハードルが高いので、文法の復習から始めたり、初心者向けのオンライン英会話スクールを選ぶのがおすすめ。

下記記事で解説していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

英語の試験対策ならベストティーチャーがおすすめ

ベストティーチャーの評判【ライティングレッスンのメリット・デメリットとは?】

さいごに、ベストティーチャーがおすすめできる人の特徴を、もう一度まとめます。

  • 使える英語を身につけたい
  • 英語の試験対策がしたい
  • ライティングの添削をしてほしい
  • ネイティブ講師とレッスンしたい
  • スマホで英語を勉強したい

以上です。

 

ベストティーチャーは、試験対策におすすめのスクール。

オンライン英会話で唯一のライティングレッスンが受講でき、生徒一人ひとりの学習目的に合ったレッスンが受けられるのが魅力です。

今回の記事を読んで少しでも気になると思った方は、まず無料体験レッスンを受けてみるのがおすすめですよ!

 

 

フリートークに飽きたならベストティーチャー(Best Teacher)



 

関連記事>>>【目的別】オンライン英会話歴1年半の私が厳選したおすすめスクール4選

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください