【バスケ×英語】NBAを見ながら英語を勉強しよう!よく使われるフレーズまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         【バスケ×英語】NBAを見ながら英語を勉強しよう!よく使われるフレーズまとめ
Pocket

この記事では、NBAでよく使われる英語フレーズを紹介します。

 

最近では、YouTubeや楽天TVを利用すれば、誰でも気軽にNBAの動画を視聴することができます。

どうせ英語を勉強するなら、自分の好きなことをしながら勉強できたら楽しいですよね。

バスケ好きの方なら、NBAを見ながら英語が勉強できたら最高です。

 

そこで今回は、NBAでよく使われている英語フレーズをジャンル別にまとめて紹介します。

この記事を読めば、NBAを見るだけでも英語の勉強ができますよ。

 

 

関連記事>>>【感動】バスケ殿堂入りしたスティーブ・ナッシュからのメッセージ【英語学習】

 

 

NBAでよく使われる英語フレーズ

NBAでよく使われる英語フレーズ

今回は、NBAでよく使われる英語フレーズをジャンル別に紹介します。

NBA好きの方なら、聞いたことがあるフレーズも多いと思います。

 

バスケ用語

  • steal:スティール

(例)make a steel(ボールを奪え・スティールしろ)

  • box out:スクリーンアウト
  • baseline[end line]:(コートの)エンドライン
  • rim:リング
  • fast-break:速攻
  • and one:カウントアンドワンスロー

※最近は日本でも「バスカン(バスケットカウント)」ではなく、「エンワン(エンドワン)」が浸透してきてますよね。

  • ref(referee):レフェリー・審判
  • the (3-point) arc:スリーポイントライン
  • paint area:ペイントエリア:台形エリア
  • perimeter:ペイントエリアの外側からスリーポイントラインの内側までのエリア
  • rookies:ルーキー・新人
  • veteran:ベテラン選手
  • retire:引退する
  • substitution:交代
  • replace:交代する
  • career high:キャリアハイ・自己最高記録
  • season high:シーズンハイ

 

バスケの技名

  • pick and roll with ~:〜とのピックアンドロール
  • Iso(isolation):アイソレーション
  • hesitation move:緩急のあるムーブ
  • crossover:クロスオーバー

(例)Allen Iverson’s Killer Crossover is one of the best dribble moves that the world has seen.(アレン・アイバーソンのキラークロスオーバーは世界最高のドリブルムーブの1つだ。)

 

記録

  • stats:スタッツ
  • dime:アシスト(assist の別の言い方)
  • board:リバウンド(rebound の別の言い方)
  • offensive rating:100回のオフェンス中に何得点できるか
  • defensive rating:100回のディフェンス中に何得点されたか
  • MVP(Most Valuable Player):最優秀選手
  • MIP(Most Improved Player):最優秀躍進選手
  • Rookie of the Year:新人王
  • Sixth Man of the Year:シックスマン賞
  • DPOY(Defensive Player Of the Year):最優秀守備選手 
  • Coach of the Year:最優秀ヘッドコーチ
  • Hall of Fame:殿堂入り

 

解説でよく聞くフレーズ

  • What a pass!:なんてパスだ!

※「what a 〇〇!」で「なんて〇〇だ!」という意味でよく使われます。

  • wide open:(マークが外れて)フリー・ガラ空き
  • in transition:速攻で
  • GOAT(Greatest of all time):史上最高の選手
  • shouting drought:シュートが入っていない状態
  • scoring run:どんどん得点差を広げる状態
  • take over:優勢になる
  • sweep:全勝する
  • edge:僅差で勝つ
  • upset:番狂わせで勝つ
  • defeat:(敵を)打ち負かす
  • toughest defender:ディフェンスが上手い選手
  • clutch:ピンチに強い・終盤に強い
  • prime:全盛期
  • dirty:卑怯な・スポーツマンシップのない

※YouTubeで「ブルースボウエン ダーティー」と検索すると、面白いかもしれません…。

  • franchise:リーグに加盟しているプロスポーツチーム
  • franchise player:有力選手
  • chemistry:相性

 

故障に関するフレーズ

  • injury:ケガ・負傷
  • surgery:手術

(例)knee surgery:ひざの手術

  • fracture:骨折
  • microfracture surgery:マイクロフラクチャー手術

※骨に小さな穴を開けて軟骨を修復させる手術。バスケは膝に負担がかかりやすいので、NBA選手ではよく見られる手術です。

  • pain:痛み

(例)lower back pain(LBP):腰痛

(例)groin pain:脚の付け根の痛み

  • muscle strain:肉離れ

(例)hamstring strain:ハムストリングの肉離れ

  • cramp:けいれん
  • concussion:脳震盪
  • torn Achilles:アキレス腱断裂
  • torn ACL(anterior cruciate ligament):前十字靭帯損傷

 

英語の勉強におすすめのYouTubeチャンネル

さいごに、NBAで英語を勉強したい方におすすめのYouTubeチャンネルを紹介します。

Andy hoops

 

私がおすすめするのは「Andy hoops」というチャンネルです。

このチャンネルでは、毎回様々なテーマでNBA選手やチームを取り上げて紹介しています。

内容はすべて英語ですが、発音がきれいで非常に聞き取りやすいので、英語の勉強におすすめです。

ある程度の予備知識があると、多少聞き取れなかったとしても内容を理解しやすいので、自分の好きな選手やチームが取り上げられている動画から見ていくといいでしょう。

個人的には、「How Good Was He Actually?」という再生リストが面白くておすすめです。

 

 

まとめ

【バスケ×英語】NBAを見ながら英語を勉強しよう!よく使われるフレーズまとめ

いかがでしたか?

今回はNBAでよく使われる英語フレーズを紹介しました。

 

好きなことをしながら英語の勉強ができるなんて、最高ですよね。

普段何気なくNBAを見ている方も、少し意識してみると英語の勉強になります。

ここで紹介したフレーズを覚えておくだけでも、今まで聞き取れなかった単語が理解できるようになりますよ!

 

 

関連記事>>>【感動】バスケ殿堂入りしたスティーブ・ナッシュからのメッセージ【英語学習】

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください