ネイティブキャンプで使える教材はコレだけ【私のおすすめを教えます】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ネイティブキャンプで使える教材はコレだけ
Pocket

「ネイティブキャンプでおすすめの教材が知りたい」

「月額6,480円でレッスン受け放題だけど、教材の質は大丈夫かな?」

と思っていませんか?

 

ネイティブキャンプには全部で25種類の教材がありますが、その中で私がおすすめするのは以下の3つです。

  • カランメソッド
  • 5分間ディスカッション
  • フリートーク

 

なぜおすすめなのか、その理由と3つの教材の効果的な使い方を、ネイティブキャンプ歴1年の私が解説します。

この記事を読めばネイティブキャンプのおすすめ教材がわかるだけでなく、ネイティブキャンプを使って確実に英会話が上達しますよ!

 

 

>>1週間無料キャンペーンを実施中!ネイティブキャンプ



 

 

ネイティブキャンプのおすすめ教材3つ

ネイティブキャンプのおすすめ教材3つ

ネイティブキャンプには、全部で25種類の教材があります。

この中で私がおすすめするのは、カランメソッド・5分間ディスカッション・フリートークの3つです。

これらの教材は、レッスン受け放題のネイティブキャンプと相性が良いため、上手く使えば短期間で効率的に英語力をアップさせられます。

反対に、3つ以外の教材はあまりおすすめできません。

同じ価格帯のスクールと比較して特にメリットはないので、ネイティブキャンプなら上記3つの教材をおすすめします。

 

カランメソッド

カランメソッドは、通常の4倍のスピードで英語を習得できるとされている学習方法です。

独自のルールによってレッスン中に話す英語の量を増やし、短期間でも効率よく英語が習得できるようになっています。

カランメソッドの詳しい勉強方法は「カランメソッドとは」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

ネイティブキャンプでカランメソッドをおすすめする理由は、カランを使った短期間の学習が、レッスン受け放題というネイティブキャンプの料金プランと非常に相性が良いからです。

カランメソッドは1レッスンあたりの内容が濃いため、だらだら続けていると最初に学んだ内容を忘れてしまいます。1度忘れた内容を復習するのは時間がもったいないので、短期間で集中的に勉強した方が効率が良いです。

ネイティブキャンプなら、レッスンが受け放題なので1日に何回でもレッスンが受けられます。そのため、短期間で集中的に学習するのに都合がよく、これがネイティブキャンプでカランメソッドをおすすめする理由です。

ちなみに、現在カランメソッドを受講できるオンライン英会話は3校ありますが、レッスン受け放題なのはネイティブキャンプだけです。

 

 

5分間ディスカッション

5分間ディスカッションでは、用意されたテーマから生徒が好きなものを選び、講師とディスカッションをします。

講師の質問に自分の言葉で答えなければいけないため、より実戦的な会話の練習ができます。

 

独学で英語を勉強していると、いわゆる「教科書英語」ばかり覚えて、実際の会話で全く使えないということがよくあります。

オンライン英会話の場合、テキストの内容をただ繰り返すだけでは、いつまでたっても英語を話せるようにはなりません。実際の会話ではテキスト通りのシチュエーションで会話が進むことはありえないからです。

したがって、実際に使える英語を身につけるためには、テキストの例文を自分の言葉で置き換えて話す練習が必要になります。

ネイティブキャンプの5分間ディスカッションは、この自分の言葉で置き換えて話す練習にピッタリのレッスンです。

 

フリートーク

フリートークは、文字通り講師と自由に会話をするレッスンです。

決まったテキストはなく、5分間ディスカッションと同じように実戦的な会話の練習ができます。

 

ネイティブキャンプはレッスン受け放題なので、フリートークを使えば講師と好きなだけ英語が話せます。

他のオンライン英会話でも「フリートーク」はありますが、追加料金なしで無制限にレッスンできるのはネイティブキャンプだけです。月額6,480円で英語が話し放題なんてお得ですよね。

ちなみに、フリートークはカランメソッドと組み合わせるとより効果的です。

カランメソッドは基本的にテキスト通りにレッスンするため、自分の言葉で置き換える練習ができません。

フリートークと組み合わせれば、カランメソッドで習った内容をフリートークで試せるので、より効果的に英語力がアップしますよ。

 

ネイティブキャンプでおすすめできない教材

ネイティブキャンプでおすすめできない教材

ネイティブキャンプのビジネス英語の教材はあまりおすすめできません。レベルが初心者向けに設定されており、実際のビジネスシーンで使える英語が身につかないからです。

 

ビジネス英語の勉強では、テキストの例文やフレーズがそのまま使えることはほとんどありません。

人によって職種や仕事内容が異なるため、自分の仕事に合った適切な表現で言い直す必要があるからです。

たとえば、自己紹介で「I’m a sales representative in the domestic sales department.(私は国内営業部で営業の仕事をしています。)」という例文があったとします。

ここで、この例文を使えるのは営業職の人だけです。その他の人は、職種の部分を自分の仕事に置き換える必要があります。

職種がエンジニアなら、「I’m a engineer in the research and development department.(私はR&Dでエンジニアをしています。)」のように表現できますが、engineer(エンジニア)やresearch and development(R&D)といった単語は自分で調べなければいけません。

レアジョブやビズメイツのように、ビジネス英語に強いオンライン英会話なら例文を自分の仕事に置き換えて説明する練習がレッスンに組み込まれています。しかしながら、料金の安いネイティブキャンプでは、そのような練習がありません。

したがって、ネイティブキャンプでビジネス英語教材を使うのはおすすめできません。

 

 

あなたに合った教材を選ぼう

あなたに合った教材を選ぼう

記事のポイントをまとめます。

  • ネイティブキャンプで使える教材はカランメソッド・5分間ディスカッション・フリートークの3つ
  • カランメソッドを使えば短期間で英語力をアップできる
  • 5分間ディスカッションやフリートークでは、実戦的な英会話力が鍛えられる
  • ネイティブキャンプのビジネス英語教材はおすすめできない

以上です。

ネイティブキャンプは、レッスン受け放題が魅力のオンライン英会話です。

うまく教材を選んで学習すれば、短期間で効率よく英語力をアップさせられます。

もちろん、今回紹介した教材以外も全く効果がないわけではありません。気になる教材があれば、試しにレッスンを受けてみるといいですよ!

 

>>1週間無料キャンペーンを実施中!ネイティブキャンプ



 

 

 

関連記事>>>【目的別】オンライン英会話歴1年半の私が厳選したおすすめスクール4選

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください