ネイティブキャンプで使える教材はコレだけ【私のおすすめを教えます】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         ネイティブキャンプで使える教材はコレだけ
Pocket

ネイティブキャンプの教材について知りたい方へ。

 

「ネイティブキャンプでおすすめの教材を知りたい。」

「レッスン受け放題で月額6,480円だけど、教材の質は大丈夫かな?」

と考えていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

 

  • ネイティブキャンプで使える教材
  • 教材の効果的な使い方

 

この記事を書いている私は、ネイティブキャンプ歴1年。

1年間でTOEIC730点から885点まで上げた私が、ネイティブキャンプの教材について丁寧に解説します。

 

 

関連記事>>>ネイティブキャンプがビジネス英会話の勉強におすすめできない理由【正直に話します】

 

 

ネイティブキャンプで使える教材はコレだけ

ネイティブキャンプで使える教材はコレだけ

ネイティブキャンプには全部で25種類の教材がありますが、私がおすすめするのは次の3つです。

 

  1. カランメソッド
  2. 5分間ディスカッション
  3. フリートーク

 

上記3つの教材は、レッスン受け放題というネイティブキャンプの料金プランと非常に相性が良いため、上手く利用すれば短期間で効率的に英語力をアップさせられます。

ネイティブキャンプには他にも様々な教材がありますが、上記3つ以外は正直言ってあまりおすすめできません。

同じ価格帯のスクールと比較しても特に良いという点はないので、ネイティブキャンプを利用するなら上記3つの教材をおすすめします。

 

カランメソッド

1つ目におすすめする教材は「カランメソッド」です。

カランメソッドは、通常の4倍速で英語を習得できるとされている学習方法です。

4倍速の秘密は「英語を話す量」にあり、レッスン中ひたすら英語を話すことで短期間での英語習得を可能にしています。

ネイティブキャンプで「カランメソッド」をおすすめする理由は、カランを使った短期間の学習が「レッスン受け放題」と非常に相性が良いことです。

詳しくはカランメソッドはどれくらいの頻度が効果的?【正しいやり方を解説します】で解説していますが、カランメソッドは短期間で集中的に勉強した方が効果が出やすい学習方法です。

ネイティブキャンプは、レッスン回数に制限がなく1日に何度もレッスンを受講できるため、カランを使った短期集中の学習に最適なスクールです。

カランメソッドを受講できるオンライン英会話は3社ありますが、レッスン受け放題なのはネイティブキャンプだけです。

したがって、私がネイティブキャンプでおすすめする教材の1つ目は「カランメソッド」になります。

 

関連記事>>>カランメソッドとは?カランにおすすめのオンライン英会話も紹介!

 

5分間ディスカッション

2つ目におすすめする教材は「5分間ディスカッション」です。

5分間ディスカッションでは、用意されたテーマの中から好きなものを選び、講師の質問に答えながら自分の意見を伝えます。

テキストに書かれた内容をただなぞるのではなく、テーマについて自分で考えて発言する必要があるので、実践的な会話の練習が可能です。

ネイティブキャンプで「5分間ディスカッション」がおすすめな理由は、この実践的な英会話力が身につくことにあります。

オンライン英会話のレッスンは、基本的にテキスト通りに学習が進みます。

流れとしては、初めにその日のレッスンで使う単語やフレーズを覚え、その後テキストに従ってロールプレイをするといった形式が多いです。

しかしながら、このようにテキストの内容をただ繰り返すだけでは、実際に英語を話せるようにはなりません。

実際の会話では、テキスト通りのシチュエーションで会話が進むことはありえないからです。

したがって、実際に使える英語力を身につけるためには、相手の発言に応じて意見を伝える訓練する必要があり、「5分間ディスカッション」はその練習に非常におすすめの教材です。

 

フリートーク

3つ目におすすめする教材は「フリートーク」です。

フリートークは、文字通り講師と自由に会話するレッスンになります。

決まったテキストはないので、「5分間ディスカッション」と同じく実践的な会話力を鍛えることができます。

ネイティブキャンプで「フリートーク」がおすすめな理由は、レッスン回数が無制限なため何度も受けられることです。

他のオンライン英会話でも「フリートーク」があるスクールは多いですが、追加料金なしで無制限にレッスンできるのはネイティブキャンプだけです。

月額6,480円ほどで、自宅にいながら英語が話し放題なんて最高ですよね。

1ヶ月留学した場合、最低でも数万円〜数十万円はかかるので、英語を話すという意味でコスパは最強です。

ちなみに、私がおすすめするフリートークの使い方は「カランメソッド」との組み合わせです。

カランメソッドは基本的にテキストに沿って学習が進むため、実践的な会話力が鍛えづらいです。

フリートークと組み合わせることで、カランで鍛えた英語力をフリートークで実践することができ、より効果的に英語力を鍛えることができます。

 

ネイティブキャンプで使えない教材

ネイティブキャンプで使えない教材

私がネイティブキャンプを1年間利用して、使えないと判断した教材は次の2つです。

 

  • 日常英会話コース(初級・中級・上級)
  • ビジネスコース

 

これらの教材を使いたいなら、同じ価格帯の別のスクールの方がおすすめです。

その理由は、上記の教材レベルが初心者向けであることと、ネイティブキャンプの料金プランがレッスン受け放題であることです。

 

具体的に説明します。

通常、オンライン英会話では、1つの教材を使って学習を進めていくとそのジャンルの英語力が鍛えられるように設計されています。

例えば、「ビジネス英語」という教材を使って学習した場合、その教材を最後まで学習することで基本的なビジネス英語が話せるようになります。

したがって、1日に受けるレッスン数が多いほど短期間で英語力をアップさせられるということになりますが、スクール側としてはできるだけ長く利用してもらった方が儲かるので、余分にレッスンを受ける場合は追加料金が必要な仕組みになっています。

 

一方、ネイティブキャンプでは予約なしの場合、無制限で何度でもレッスンを受けることができます。

そのため、例えば1ヶ月で「ビジネス英語コース」のレッスンを受けまくって解約してしまえば、わずか6,000円程度でビジネス英語が話せるようになるということになってしまいます。

しかしながら、これをされるとネイティブキャンプ側としては経営が成り立たなくなるので、そうならないように工夫がされています。

具体的に言うと、「日常英会話コース」や「ビジネス英語コース」で使う教材は、かなり初心者向けにレベルが設定されています。

したがって、レッスンを受けまくれば短期間で日常英会話・ビジネス英語を習得できるのかというとそうではなく、その後も学習を継続しなければなりません。

言い換えると、日常英会話コース・ビジネス英語コースの教材は質が低いということになります。

さらに、ネイティブキャンプで使える教材は有料、もしくはレッスン回数が限られています。

例えば、さきほど紹介した「カランメソッド」は予約必須の有料レッスンです。

レッスン回数無制限を活かして短期間でレッスンを受けまくったとしても、追加で料金がかかってしまいます。

また、「5分間ディスカッション」は有料ではありませんが、ディスカッションのテーマが100個までしかありません。

そのため、いくらレッスン受け放題とはいっても、100レッスンで頭打ちになってしまいます。

いずれにせよ、ネイティブキャンプのレッスン受け放題が成り立つような仕組みになっているので、これらの教材は質が高く作られているということになります。

 

まとめ:教材が気になったら無料体験レッスンを受けてみよう

教材が気になったら無料体験レッスンを受けてみよう

ネイティブキャンプで使える教材は以下の3つです。

 

  1. カランメソッド
  2. 5分間ディスカッション
  3. フリートーク

 

レッスン受け放題というメリットを活かすなら、この3つがおすすめ。

もちろん、他の教材も全く効果がないというわけではありませんので、気になるテーマの教材があったらレッスンを受けてみるというのもありです。

いずれにせよ、教材の内容が気になるという方は、無料体験レッスンを受けてみるのがおすすめです。

ネイティブキャンプでは、7日間の無料トライアル期間があり、期間中もレッスンは受け放題です。

気になる方は、是非試してみてください。

 

関連記事>>>【本音】ネイティブキャンプの口コミ・感想を正直にお伝えします!

 

 

>>1週間無料キャンペーンを実施中!ネイティブキャンプ!



Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください