「几帳面」は英語で何て言う?神経質な性格を表すフレーズまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         「几帳面」は英語で何て言う?神経質な性格を表すフレーズまとめ
Pocket

「几帳面な人」って英語で何て言うかわかりますか?

 

「几帳面な性格」を英語で表す場合は well-organized・thorough・methodical を使います。

これらの単語は、それぞれ「組織化されて」・「徹底的な」・「順序だった」という意味になりますが、人に対して用いると「几帳面な」という意味を表します。

また、「几帳面」は「細かいことにこだわる・神経質・きれい好き」などのように、別の表現で言い換えることもできます。

そこで今回は、「几帳面」に関する様々な英語表現を、シチュエーション別に紹介します。

 

 

関連記事>>>「負けず嫌い」って英語で言えますか?わかりそうでわからない!

 

 

「几帳面」は英語で何て言う?

「几帳面」は英語で何て言う?

さきほど言ったように、「几帳面」を英語で表す場合は、well-organized・thorough・methodical を使います。

これらの単語は、人に対して用いると全て「几帳面な」という意味を表しますが、それぞれニュアンスが微妙に異なりますので、以下で詳しく解説していきます。

 

well-organized

“well-organized”は「組織化されて」という意味の単語です。

組織化されているということは、「物事がまとまっている・整理されている」ということなので、人に対して用いると「きちんとした・几帳面な」という意味になります。

ちなみに、organized は”organize”(組織する・整頓する・まとめる)の過去分詞形です。

 

  • He is a well-organized person.

(彼は几帳面な性格だ。)

 

thorough

“thorough”は「徹底的な」という意味の形容詞です。

人に対して用いると、何事にも妥協しない・徹底的な人ということになるので、「几帳面な」という意味になります。

副詞のthoroughly”(完全に・徹底的に)という形で使われることも多いので、合わせて覚えておくといいです。

 

  • I want to deal with people as thorough as my father.

(父親のように几帳面な人と付き合いたい。)

 

methodical

“methodical”は、”method”(方法)の派生語で「(方法が)順序だった」という意味です。

こちらも同様に、人に対して用いると「几帳面な」という意味を表すことができます。

「きれい好き」というよりは、「手順通りにきちんと進める人」というニュアンスです。

 

  • He takes a very methodical approach to everything he does.

(彼は何に対しても手順通りのアプローチを取る。)

 

「几帳面」をいろいろな表現で言い換えてみよう

「几帳面」をいろいろな表現で言い換えてみよう

日本語の「几帳面」は、「細かい・神経質・きれい好き」などいろいろな言葉で言い換えることもできます。

そこでここからは、「几帳面」という言葉を別の表現で言い換えるときに使える英語フレーズを紹介します。

 

きれい好き

整理整頓ができる人という意味では、「几帳面」を「きれい好き」という言葉で言い換えることができます。

「きれい好き」という意味を表す英語には以下のような表現があります。

 

  • cleanliness:清潔・きれい好き
  • clean[neat] freak:潔癖症・きれい好き
  • tidy:整然とした・きれい好きな
  • particular about being clean:きれい好きである

 

“neat”は「整頓された」、”freak”は「変わり者」という意味の単語です。

また、”particular about ~”で「〜について好みのうるさい」という意味になります。

 

細かいことにこだわる

「几帳面」ということは、「細かいことにうるさい・こだわる」ということでもありますよね。

「細かいことにこだわる」という性格を表す英語には以下のような表現があります。

 

  • detail-oriented:細かいことにうるさい、几帳面な
  • meticulous about:〜について細かいことにこだわる

 

“detail”は「詳細・細部」という意味であり、語尾に”-oriented”がつくと「〜志向の・〜を重視した」という意味になります。

また、”meticulous”は「極めて注意深い・細かいことにこだわり過ぎる」と言う意味です。

 

時間を守る

几帳面な性格には、「時間を守る」という几帳面さもあります。

「時間を守る」という場合に使える表現は以下のとおりです。

 

  • punctual:時間[期限]を守る
  • keep to time:時間を守る
  • on time:時間通りに

(例)He is always on time.(彼はいつも時間を守る。)

 

神経質な

几帳面な人は、身の回りのことに対して「神経質」ということでもあります。

神経質な性格を表す英語は以下のとおりです。

 

  • sensitive:傷つきやすい・神経質な

(例)Don’t be so sensitive!(そんなに神経質になるなよ!)

  • nervous:緊張した・神経質な

(例)He is nervous about what he eats.(彼は食事の内容に神経質だ。)

 

その他

さいごに、「几帳面」に関するその他の表現として、「(人や行動などが)きちんとした」、「丁寧な」という意味の英語を紹介します。

 

  • precise:きちんとした、気難しい

(例)He is not very precise.(彼は全然きちんとしてない[いいかげんだ]。)

  • careful:注意深い・丁寧な

(例)I do my job carefully.(丁寧に仕事をする。)

 

“precise”は「正確な」という意味の形容詞ですが、人に対して用いると「きちんとした・気難しい」という意味を表します。

“careful”は、”Be careful!”(気をつけてね!)といった形でもよく使いますが、「注意深い・丁寧な」という意味があります。

 

まとめ

「几帳面」は英語で何て言う?神経質な性格を表すフレーズまとめ

いかがでしたか?

いかがでしたか?

今回は「几帳面」という意味を表す英単語・フレーズを紹介しました。

いろいろ紹介してきましたが、それぞれ微妙にニュアンスが異なるので、状況に応じて適切に使い分けることができると完璧です。

 

英語を話すうえで大切なのは、簡単な英語に言い換えることです。

英語が苦手な人は、無理に難しい表現を使う必要はありません。

自分が知っている単語やフレーズに置き換えることができれば、相手にも十分伝わります。

日頃から、「自分の状況を英語で説明する」という練習をしておくと、「簡単な英語に置き換える力」が身につくのでおすすめですよ。

 

 

関連記事>>>「大雑把」は英語で何て言う?いろんな言い換え表現まとめ

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください