オンライン英会話で効果が出ない人の特徴【正しい使い方を解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         オンライン英会話で効果が出ない人の特徴
Pocket

オンライン英会話で効果が出ないと感じている方へ。

 

「オンライン英会話を始めて1ヶ月経つけど、効果が感じられない…」

「効果が出ない理由が知りたい。」

「正しい使い方があれば教えてほしい。」

と感じていませんか?

 

本記事では、下記の内容を解説します。

  • オンライン英会話で効果が出ない人の特徴
  • オンライン英会話の正しい使い方

 

この記事を書いている私は、オンライン英会話歴1年半。

オンライン英会話を利用することで、スピーキングとリスニング力がアップし、日常会話なら問題なく話せるレベルになりました。

 

 

オンライン英会話で効果が出ない人の特徴

オンライン英会話で効果が出ない人の特徴

オンライン英会話で効果が出ない人の特徴は、下記の6つです。

  1. 教材が合っていない
  2. 復習をしない
  3. すぐに結果を求める
  4. そもそもレッスン数が少ない
  5. レッスン中に質問しない
  6. アウトプットしない

 

あなたにも当てはまっているものがないか、チェックしてみてください。

 

教材が合っていない

1つ目は、教材が合っていないことです。

オンライン英会話には様々な教材があるため、学習目的に合った教材を使わないといつまでたっても上達しません。

 

たとえば、「ビジネス英語を勉強して海外で働きたい」という方が、日常英会話やTOEFLの勉強をしていては意味がありませんよね。

また、せっかくビジネス英語の教材を使っていても、教材の質が低かったり、仕事では使わない内容では効果は出ません。

オンライン英会話では、スクールや講師と同様に、教材選びが非常に大切なのです。

 

復習をしない

2つ目は、復習をしないことです。

当たり前のことですが、効率の良い勉強には復習がかかせません。

復習をしないと、せっかく習った内容もすぐに忘れてしまいます。

 

しかしながら、オンライン英会話初心者の場合、レッスンを受けたら受けっぱなしの人が多いです。

これだとリスニング力は伸びるかもしれませんが、肝心なスピーキング力や語彙力がアップしません。

英語学習でオンライン英会話を利用するメリットは、まさにこのスピーキング力や語彙力を伸ばすこと。

オンライン英会話の効果を最大限に活かすためにも、レッスンを受けたらきちんと復習しましょう。

 

すぐに結果を求める

3つ目は、すぐに結果を求めることです。

オンライン英会話に限らず、英語学習は効果が出るまでに時間がかかります。

たとえば、1ヶ月留学に行ったくらいで、英語を話せるようになって帰ってくる人はいませんよね。

留学で英語を話せるようになるためには、少なくとも半年はかかると思います。

 

オンライン英会話も同じで、たった1ヶ月続けただけでは効果はほとんど感じられません。

1日たった30分のレッスンでは、学習量が圧倒的に足りないのです。

オンライン英会話で効果を実感するためには、少なくとも1〜3ヶ月は続けましょう。

 

そもそもレッスン数が少ない

4つ目は、そもそもレッスン数が少ないことです。

さきほど説明したように、英語学習は効果が出るまでに時間がかかります。

そのため、レッスン数自体が少ないと、効果が出るまでにより時間がかかってしまいます。

 

たとえば、週に2回レッスンを受講する場合、1ヶ月で8レッスン、1年で96レッスンです。

1レッスンは約30分なので、時間にすると1年でたったの48時間。

勉強時間がいかに少ないかがわかるかと思います。

したがって、なかなか効果が出ないと感じている方は、一度レッスン回数を見直してみるといいかもしれません。

 

レッスン中に質問しない

5つ目は、レッスン中に質問しないことです。

講師の話をただ聞いているだけで、自分から話す練習をしなければ、いつまでたっても実際の会話で話せるようにはなりません。

 

たとえば実際の会話で、どちらかが一方的にしゃべり続けるという状況はあまりないですよね。

相手が話したら、自分はそれに答えるという「会話のキャッチボール」によって会話は成立します。

したがって、実際の会話で使える英語を身につけるためには、積極的に講師に質問することが大切です。

そうすることで、リスニングだけでなくスピーキングも鍛えられ、英語の「会話力」が身につきます。

 

アウトプットしない

6つ目は、アウトプットしないことです。

レッスンで力をつけたら、実際に外国人と話す「実戦練習」をしましょう。

実際の会話は、レッスンと違ってスピードが速く、スラングや短縮形などもたくさん出てきます。

そのため、慣れていないとまったく会話についていくことができません。

実戦で使える英語を身につけるためにも、レッスンを受けたら定期的にアウトプットするようにしましょう。

 

英会話カフェやランゲージエクスチェンジのMeet upを使えば、日本にいる外国人と気軽に話すことができるのでおすすめです。

 

オンライン英会話の正しい使い方

オンライン英会話の正しい使い方

ここからは、「オンライン英会話の正しい使い方」について解説します。

オンライン英会話を効果的に使うためのポイントは、下記の5つです。

  1. 学習目的に合ったスクール・教材を選ぶ
  2. レッスン時間の倍は復習する
  3. 気になったところは必ず質問する
  4. 定期的にアウトプットする
  5. 月20レッスン以上

 

学習目的に合ったスクール・教材を選ぶ

1つ目は、学習目的に合ったスクール・教材を選ぶことです。

自分に合わないスクール・教材で勉強していては、効率が悪く、時間もお金も無駄にしてしまいます。

オンライン英会話は、スクールによって強みや特徴があるので、あなたに合ったものを選ぶのが大切。

具体的なスクールや教材の選び方は、下記記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

レッスン時間の倍は復習する

2つ目は、レッスンの復習です。

少なくともレッスン時間の倍は復習をするようにしましょう。

 

オンライン英会話は、単純にレッスンを受けるだけでは習った内容をすぐに忘れてしまいますし、勉強時間も足りません。

オンライン英会話の効果を発揮するためにも、レッスンを受けたら毎回きちんと復習することが大切。

 

ちなみに、復習方法は何でもOKですが、おすすめはテキストや習った単語・フレーズの音読です。

何度も音読して口に覚えさせることで、実際の会話でスムーズに英語が出てくるようになりますよ。

 

気になったところは必ず質問する

3つ目は、気になったところは必ず質問することです。

積極的に質問することで、疑問を解決できるだけでなく、英語の「会話力」が鍛えられます。

初心者の方は「質問するのが恥ずかしい」と思うかもしれませんが、それはもったいないです。

せっかくお金をはらって利用しているので、積極的に質問しましょう。

 

質問をするときに使えるフレーズは、下記で紹介しています。

気に入ったフレーズを覚えて、ぜひレッスンで使ってみてください。

 

定期的にアウトプットする

4つ目は、定期的にアウトプットすることです。

レッスンを受ける(インプット)だけでは、いわゆる「教科書英語」しか身につきません。

実際の会話で使える英語を身につけるためにも、定期的にアウトプットすることが大切です。

 

レッスンで習う英語と、実際の会話で話す英語は全然違います。

実際の会話はレッスンよりもスピードが速いですし、短縮形やスラングもたくさん出てくるからです。

実際に外国人と話すことで、これらに慣れることができ、「実戦で使える英会話」が身につきます。

 

 

月20レッスン以上

5つ目は、月20レッスン以上受講することです。

オンライン英会話は、効果が出るまでに時間がかかります。

週に数回しかレッスンを受けないと、上達するまでにかなりの期間が必要。

なるべく早く結果出すためには、少なくとも月20回以上、出来れば30回(1日1回)レッスンするのが理想です。

 

ちなみに、毎日レッスンするのが難しいという方は、週末にまとめて受講するのでもOKです。

 

オンライン英会話の可能性は無限大

まとめ:オンライン英会話の可能性は無限大

記事のポイントをまとめます。

  • 学習目的に合ったスクール・教材を選ぶことが大切。
  • レッスン時間の倍以上は復習に当てる。
  • 気になったところは必ず質問する。
  • 定期的にアウトプットすることで、リアルな英語力(スピード・語彙力)を鍛える。
  • 月20レッスン以上は受講する。

以上です。

 

オンライン英会話は正しく使えば、効果的な学習方法です。

効果が出ないと感じている方は、今回紹介した内容を参考に、一度学習方法を見直してみるといいかもしれません。

 

 

関連記事>>>【目的別】オンライン英会話歴1年半の私が厳選したおすすめスクール4選

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください