オンライン英会話で失敗しない講師の選び方【良い講師・悪い講師の特徴】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         オンライン英会話で失敗しない講師の選び方【良い・悪いの判断基準とは?】
Pocket

「オンライン英会話で自分に合う講師の選び方がわからない」

「講師と相性が合わないからレッスンが楽しくない」

このような疑問・悩みに、オンライン英会話歴1年半の私がお答えします。

 

記事の前半では「良い講師・悪い講師の特徴」を解説し、記事の後半では、私の経験をもとに「失敗しない講師の選び方」を具体的に解説します。

この記事を読み終えることで「自分に合う講師の選び方」がわかり、オンライン英会話をより効果的に利用することができます。

 

 

 

オンライン英会話で良い講師の特徴

オンライン英会話における良い講師・悪い講師とは

オンライン英会話における良い講師の特徴は次の4つです。

  • フレンドリーで話しやすい
  • テキストに載ってないことも教えてくれる
  • 適度にヒントを出してくれる
  • チャットで間違いを教えてくれる

 

フレンドリーで話しやすい

オンライン英会話初心者の場合、自分から講師に話しかけるのはなかなか勇気がいりますよね。

フレンドリーな講師を選べば向こうからどんどん話を振ってくれるので、英語が苦手な方でも会話が続きやすいです。

単純に英語を話す量が増えるだけでなく、会話が弾んでレッスンが楽しく感じるため挫折しにくくなります。

オンライン英会話の講師には、こちらが話さないと全く話しかけてこない人もいます。

1、2回ならそれほど問題ではないですが、毎回このような講師にあたってしまうとレッスンを受けるのもストレスです。

オンライン英会話を楽しく続けるためには、フレンドリーな講師を選ぶのがおすすめです。

 

テキストに載ってないことも教えてくれる

オンライン英会話では、テキストに書いてあることをただ繰り返すだけでは効果がありません。

テキストの内容を自分の状況に置き換えて話す練習をしないと、実際の会話で使えないからです。

したがって、テキストに載ってない内容まで教えてくれる講師を選ぶと、より実践的な英語力が身につきます。

「こっちの方が自然な言い方だよ」「こういう時はこの単語が使えるよ」など、臨機応変にレッスンしてくれる講師は教え方が上手です。

 

適度にヒントを出してくれる

オンライン英会話ではレッスン中に講師から質問されることがよくありますよね。

生徒が答えられず困っていたら講師がヒントを出してくれますが、中には生徒の回答を待ち続ける講師もいます。

答えがわからないのに教えてくれないと、レッスンが止まってしまって時間がもったいないです。

したがって、生徒の英語力に応じて適切にヒントを出してくれる講師は、良い講師といえます。

 

チャットで間違いを教えてくれる

オンライン英会話ではレッスン中に講師とチャットでやりとりすることがあります。

チャットの内容はあとからいつでも確認できるので、レッスン後の復習として使うのに便利です。

間違ったところを口頭で訂正すると同時に、チャットでも記録を残してくれる講師はおすすめです。

重要なポイントや間違った箇所をレッスン後に見返すことで、効率よく復習できます。

 

オンライン英会話で悪い講師の特徴

オンライン英会話で悪い講師の特徴

つづいて、オンライン英会話で選んではいけない講師の特徴を2つ紹介します。

  • 話下手
  • 厳しすぎる

 

話下手

悪い講師の特徴1つ目は話下手なことです。

さきほど言いましたが、オンライン英会話を楽しく続けるためには「話しやすさ」が大切です。

反対に話下手な講師だと、会話が続かず楽しくレッスンできません。

一度レッスンを受けて「この人とは話が続かないな」と感じたら講師を変えた方がいいでしょう。

 

厳しすぎる

悪い講師の特徴2つ目は厳しすぎることです。

オンライン英会話の講師には、生徒の英語力に関係なくレベルの高いレッスンをする人がいます。

しかしながら、英会話初心者がいきなり上級者向けのレッスンを受けても効果はありません。

わからないことが多すぎて、むしろすぐに挫折してしまいます。

効果的に英語力を伸ばすためには、レベルに合った方法を選ぶのが大切です。

最初からあまりに厳しい講師は、避けたほうがいいでしょう。

 

 

オンライン英会話で失敗しない講師の選び方

オンライン英会話で失敗しない講師の選び方

良い講師・悪い講師の特徴がわかったところで、ここからは「失敗しない講師の選び方」を解説します。

全部で6つあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

「評価4.3以上」の講師を選ぶ

1つ目は「評価が4.3以上」の講師を選ぶことです。

オンライン英会話では、講師の評価が5段階で点数化されています。

点数が高いほど良い講師なのですが、人気の講師は予約が取れないこともあります。

私の経験では、「評価4.3以上」の講師は教え方が上手く予約も取りやすいのでおすすめです。

 

「レッスン回数1000回以上」の講師を選ぶ

2つ目は「レッスン回数1000回以上」の講師を選ぶことです。

さきほど講師の評価を基準に話しましたが、評価が高くても経験年数が少ない講師は避けた方がいいです。

レッスン回数が少ない講師は、評価点数が相対的に高く出るのであてにできません。

レッスン回数が多くて、かつ評価も高い講師は、本当に良い講師であるといえます。

 

「こども対応可」の講師を選ぶ

3つ目は「子ども対応可」の講師を選ぶことです。

講師の特徴に「こども対応可」「キッズ向け」と書いてある講師は、フレンドリーな場合が多いです。

他にも「フリートークが得意」「初心者向け」と書いてある講師は、話しやすい人が多いのでおすすめです。

 

趣味が合う講師を選ぶ

4つ目は趣味が合う講師を選ぶことです。

オンライン英会話では、講師を検索する際に講師のプロフィールが見れます。

趣味が合いそうな講師を選ぶと、レッスン中の会話も盛り上がりやすいのでおすすめです。

 

経歴が似ている講師を選ぶ

5つ目は経歴が似ている講師を選ぶことです。

講師のプロフィール欄では、経歴も見ることができます。

たとえば、大学の専攻が同じ講師や前の職種が同じ講師を選ぶと、趣味と同様に会話が続きやすいです。

とくに仕事が同じ講師なら、ビジネス英語のアドバイスもくれるのでおすすめです。

 

オフィスからレッスンしている講師を選ぶ

6つ目はオフィスからレッスンしている講師を選ぶことです。

オンライン英会話の講師は自宅からレッスンをする講師と、専用のオフィスからレッスンをする講師がいます。

私の経験では、オフィスからレッスンをする講師の方がまともな人が多いです。

単純に「英語を話す」だけなら問題ないですが、「英語を学ぶ」という目的ならオフィスからレッスンする講師を選ぶのがおすすめです。

 

良かった講師は「お気に入り」に登録しよう

良かった講師は「お気に入り」に登録しよう

記事のポイントをまとめます。

  • フレンドリーな講師を選ぶと初心者でも楽しくレッスンできる
  • テキストに載ってない内容まで教えてくれると、より実践的な英語力が身につく
  • 生徒の英語力に応じて適切にヒントを出してくれる講師は教え方が上手い
  • 重要なポイントや間違った箇所をチャットで残してくれると復習に便利
  • 評価が高く経験年数が多い講師は教え方が上手い
  • 「こども対応可」の講師はフレンドリーで話しやすい
  • 趣味や経歴が似ている講師を選ぶと会話が盛り上がる

以上です。

 

オンライン英会話にはさまざまな講師がいるので、良い講師・悪い講師を見極めることが大切です。

レッスンを受けてみて「この人いいな」と思った講師は、ぜひお気に入りに登録するようにしましょう。

 

 

関連記事>>>【目的別】オンライン英会話歴1年半の私が厳選したおすすめスクール4選

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください