【海外のニックネーム】英語圏でよく見る名前を紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         【海外のニックネーム】英語圏でよく見る名前を紹介します!
Pocket

トム・クルーズ、ケイティ・ペリー、エマ・ストーン…。

これらの名前、実はニックネームだということはご存知でしょうか?

 

日本でも、家族や友人のことをあだ名やニックネームで呼ぶことはありますよね。

海外では、このニックネームで呼ぶ習慣が日本よりも浸透しています。

家族や友人はもちろん、有名人、さらには大統領や王室までニックネームで呼んだりします。

 

そこで今回は、海外でよく使われるニックネームを紹介します。

 

 

英語のニックネーム一覧

英語のニックネーム一覧

今回は、英語のニックネームを、由来別に分けて紹介します。

 

名前の短縮形(最初の音節から取ったもの)

  • Alexandra(アレクサンドラ) →Alex(アレックス)
  • Alexander(アレクサンダー) →Alex(アレックス)
  • Benjamin(ベンジャミン) →Ben(ベン)
  • Christopher(クリストファー) →Chris(クリス)
  • David(デービッド) →Dave(デイブ)
  • Matthew(マシュー) →Mat(マット)
  • Michael(マイケル) →Mike(マイク)
  • Nancy(ナンシー) → Nan(ナン)
  • Nicholas(ニコラス) →Nick(ニック)
  • Raymond(レイモンド) → Ray(レイ)
  • Samantha(サマンサ) →Sam(サム)

 

名前の短縮形(最後の音節から取ったもの)

  • Anthony(アントニー) →Tony(トニー)
  • Elizabeth(エリザベス) →Beth(ベス)
  • Herbert(ハーバート) → Bert(バート)
  • Isaac(アイザック) →Zac(ザック)

 

最後にyをつけたもの

  • Amanda(アマンダ) → Amy(エイミー)・ Mandy(マンディー)
  • Andrew(アンドリュー) → Andy(アンディー)
  • Charles(チャールズ) → Charly(チャーリー)
  • Daniel(ダニエル) → Danny(ダニー)
  • Frederick(フレドリック) → Freddy(フレディー)・ Fred(フレッド)
  • Jennifer(ジェニファー) → Jenny(ジェニー)
  • John(ジョン) → Johnny(ジョニー)
  • Katherine(キャサリン) → Kathy(キャシー)・ Kate(ケイト)
  • Leonard(レオナルド) → Lenny(レニー)
  • Nicholas(ニコラス) → Nicky(ニッキー)・ Nick(ニック)

 

最後にieをつけたもの

  • Charles(チャールズ) → Charlie(チャーリー)
  • Edward(エドワード) → Eddie(エディー)・ Ed(エド)
  • Fredrick(フレデリック) → Freddie(フレディー)
  • Jennifer(ジェニファー) → Jennie(ジェニー)
  • Sophia(ソフィア) → Sophie(ソフィー)
  • Susan(スーザン) → Suzie(スージー)・Sue(スー)

 

最後にinをつけたもの

  • Nicholas(ニコラス) → Colin(コリン)・ Nick(ニック)
  • Robert(ロバート) → Robin(ロビン)

 

2段階変化

  • Charles(チャールズ)→(Charly)→ Chuck(チャック)
  • Elizabeth(エリザベス)→ Beth(ベス)→ Betty(ベティー)
  • Margaret(マーガレット)→ Meg(メグ)→ Peg(ペグ)・ Peggy(ペギー)
  • William(ウィリアム)→ Will(ウィル)→ Bill(ビル)・ Billy(ビリー)
  • Richard(リチャード)→(Rick)→ Dick(ディック)
  • Robert(ロバート) → Rob(ロブ)→ Bob(ボブ)・ Bobby(ボビー)

 

ニックネームがわからないときは

ニックネームがわからないときは

ここまで、英語圏で使われる代表的なニックネームを紹介してきました。

では、相手のニックネームがわからないというときは、どうすればよいでしょうか。

ニックネームがわからないときは、ずばり「何て呼べばいいですか?」と相手に聞くのがいいでしょう。

 

聞き方としては、次のようなフレーズが使えます。

  • How can I call you?
  • What should I call you?

 

ただし、上記の表現は、オンライン英会話ではよく使われますが、ネイティブスピーカーはあまり使わないそうです。

そのため、上記の表現を使うと、人によっては不自然な印象を与えてしまう可能性があります。

したがって、そのようなリスクを避けたいという方は以下の表現を使うのがおすすめです。

  • What do people call you?
  • What are you called?

 

参考:サンドイッチ英会話

What can I call you? 何て呼んだらいい?をネイティブはめったに使わない

 

まとめ

【海外のニックネーム】英語圏でよく見る名前を紹介します!

いかがでしたか?

英語のニックネームには様々なものがあります。

名前から推測できるものが多いですが、中には知っていないとわからないようなニックネームもあります。

 

今回紹介したニックネームは、ほんの一部です。

もっとたくさん知りたいという方は、ネットで検索してみてください。

 

 

関連記事>>>【アメリカの単位】1インチって何メートル?フィート・ポンドは?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください