あなたのリスニングが上達しない理由【正しい勉強法を解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         あなたのリスニングが上達しない理由【正しい勉強法を解説】
Pocket

「英語のリスニングが全然上達しない」という方は、まず上達しない理由を知ることが大切です。

上達しない原因がわかれば、逆にどういう勉強をすればリスニングが上達するかがみえてきます。

 

とはいえ英語が苦手な方は、「なんでリスニングが上達しないかわからない」という方も多いですよね。

また、「独学でも上達するリスニングの勉強法が知りたい」「無料で使えるリスニング教材が知りたい」という方も多いハズ。

 

そこで今回は、「あなたのリスニングが上達しない理由」「リスニングの正しい勉強法」を解説します。

また、記事の後半では「リスニング練習に使えるおすすめ教材」も紹介しています。

ここで紹介する勉強法を実践すれば、英語が苦手な方でも独学でリスニング力をアップさせられますよ!

 

 

 

あなたのリスニングが上達しない3つの理由

あなたのリスニングが上達しない理由

勉強しているのに、リスニング力が全然伸びないという方は、下記の3つが原因である場合が多いです。

  1. 勉強の頻度が少ない
  2. 語彙力が足りない
  3. 発音が下手

 

あなたにも当てはまるのもがないか、チェックしてみてください。

 

理由1:勉強の頻度が少ない

リスニングが上達しない理由1つ目は、そもそも勉強時間が少ないこと。

わたしたちの英語力は、時間が経つとすぐに衰えていってしまいます。

 

たとえば、「小さい頃は海外に住んでいて英語をしゃべれたけど、大人になったら全くしゃべれなくなった」という話を聞いたことがないでしょうか。

これは、大人になって英語を話す頻度が減ったことが原因です。

日本に住んでいると英語を話す機会が少ないため、放っておくと、私たちの脳は簡単に英語を忘れてしまいます。

つまり、リスニング力をアップさせるためには、勉強の頻度を増やす必要があるのです。

理想としては、短くてもいいので毎日何かしらの英語を聞くと、リスニング力のアップに効果的です。

 

理由2:語彙力が足りない

リスニングが上達しない理由2つ目は、語彙力が足りないこと。

 

リスニング問題を解いていると、「〇〇ってどういう意味だっけ?」と思うことありませんか?

単語の音は聞き取れていても、その単語の意味がわからなくては、相手の言っていることは理解できません。

英語のリスニングは、ただ単に言葉が聞き取れるだけでは意味がないのです。

「リスニング力が高い」ということは、相手の言っている内容が理解できるということ。

したがって、リスニング力をアップさせるためには、聞き取りと同時に語彙力も鍛える必要があります。

 

理由3:発音が下手

リスニング力が上達しない理由3つ目は、発音が下手であること。

なぜなら、間違った発音で単語を覚えてしまうと、実際とはちがう単語に聞き間違えてしまうからです。

さきほどとは反対に、せっかく意味を知っている単語でも、単語自体を聞き間違えてしまっては意味がありません。

 

リスニング問題で答え合わせをした時、「なんだ〇〇って言ってたのか。」と思うことありますよね。

ネイティブが話す英語は、私たち日本人が覚えているカタカナ英語の発音とは全く異なります。

例えば、「water(水)」はカタカナ英語で「ウォーター」と発音しますが、アメリカ英語では「ワーラー」や「ワールー」のように発音します。

また、単語以外でも、英語では単語と単語がつながって別の言葉に聞こえることがあります。

よく出てくるものでは、「think about(シンカバウト)」や「kind of(カインダブ・カインダ)」など。

このような発音の変化は「リンキング・リエゾン」と言います。

いずれにせよ、リスニングにおいて相手の英語を理解するためには、正しい発音を知っていることが大切なのです。

 

 

 

確実に上達する英語のリスニング勉強法

確実に上達する英語のリスニング勉強法

ここからは、独学でも確実に上達するリスニング勉強法を紹介します。

英語のリスニング学習では、以下の4つが大切です。

  1. 毎日英語を聞く
  2. 繰り返し聞く
  3. 語彙力も鍛える
  4. 発音も練習する

 

順番に解説していきます。

 

毎日英語を聞く

英語のリスニングを上達させるコツ1つ目は、毎日英語を聞くこと。

 

さきほど言ったように、英語力は時間が空けば空くほど衰えていってしまいます。

したがって、リスニング力をアップさせるためには毎日英語を聞くことが大切です。

 

この「英語を聞く」というのは、必ずしもリスニング教材じゃなくて大丈夫です。

英語のニュースやYouTubeでもいいですし、モチベーションが上がらない時は洋楽を聞いたり海外ドラマを見たりするのでもOK。

短時間でもいいので、とにかく毎日英語を聞いて耳を英語に慣れさせることが大切です。

また、あとで解説しますが、音声を聞きながら声に出して発音するとより効果的です。

 

繰り返し聞く

英語のリスニングを上達させるコツ2つ目は、同じ音源を繰り返し聞くこと。

1つの音源を何度も聞くことで、発音のちがいが聞き取れるようなり、わからなかった単語も意味がわかるようになります。

毎回新しい音源を聞くのも効果がないわけではありませんが、「内容を理解して聞く」という意味では、1つの音源を繰り返し聞く方が効果的です。

 

また、音源を選ぶときは、自分の好きなジャンルや有名人のスピーチを選ぶのがおすすめ。

無理して英語のニュースを選んでも、挫折してしまう可能性が高いです。

あなたの好きな動画を選んで、楽しく英語を勉強しましょう。

ちなみに、私の場合はバスケが好きなので、好きなNBA選手のスピーチやYouTubeのバスケチャンネルなどを聞いて勉強しています。

 

 

語彙力も鍛える

英語のリスニングを上達させるコツ3つ目は、リスニング力と同時に語彙力鍛えること。

さきほど説明したように、語彙力がないと、せっかく英語を聞きとれていても文章の意味を理解できません。

相手の言っている内容を、意味も含めて理解するためには、語彙力を鍛えることが重要です。

 

語彙力を鍛える方法としては、単語帳の他に英単語アプリを使うのもおすすめです。

mikan」や「スタディサプリ 英単語」といったアプリは、無料でも十分な機能が使えます。

リスニングのために単語帳を買うのはもったいないという方におすすめです。

 

発音も練習する

英語のリスニングを上達させるコツ4つ目は、発音も練習すること。

自分が知っている単語の発音と、聞こえてきた英語の発音が一致していなければ、単語を正しく認識できません。

自分で発音できない単語は、聞き取ることができないのです。

 

発音練習法としては、ずばりシャドーイングがおすすめ。

シャドーイングとは、音声を聞きながらその後を追いかけるように自分で発音する学習方法です。

リスニングと同時にスピーキング(発音)も鍛えられるので、効率よく英語力がアップします。

 

 

リスニング練習に使えるおすすめ教材3つ

リスニング練習に使えるおすすめ教材

さいごに、英語のリスニング練習におすすめの教材・ツールを3つ紹介します。

無料で利用できる教材もありますので、ぜひ使ってみてください。

 

YouTube

英語のリスニング練習に使える教材1つ目はYouTubeです。

YouTubeはすでに使っている方も多いかと思いますので、ここではリスニング学習に使える動画・チャンネルの探し方を紹介します。

 

私がおすすめするチャンネルの探し方は、ずばり「英語で検索する」ことです。

YouTubeで動画を検索する場合、「英語 リスニング」のように日本語で検索している方が多いのではないでしょうか。

もちろん、これでも勉強に使える動画は検索できますが、中には「同じ動画ばかりで飽きた」「新しいチャンネルを見つけたい」という方もいますよね。

 

そのような方は、「Study English」「English Conversation」のように英語で動画を検索してみてください。

英語で検索すると、海外の人がアップロードしている英語学習動画がたくさんヒットします。

今まで知らなかった動画やチャンネルが見つかるので、モチベーションも上がるはず。

同じ動画ばかりで飽きてしまったという方は、ぜひ英語で検索することを試してみてください。

 

 

Podcast

英語のリスニング練習に使える教材2つ目はPodcastです。

Podcastは、無料で聞けるラジオのようなもの。ニュースからコメディ、教育まで様々なジャンルの番組が公開されています。

教育ジャンルでは英語学習系の番組がたくさんアップロードされており、動画ではなく音声でリスニングを勉強したい方におすすめです。

YouTubeと違って無料で音声をダウンロードすることができるので、外出先でも勉強できます。

 

ちなみに、私のおすすめは「バイリンガルニュース」という番組です。

この番組は、マミとマイケルというバイリンガルの2人組が、いろんなジャンルのニュースについて日本語(マミ)と英語(マイケル)のバイリンガル形式でトークしていく内容。

英語の勉強になるのはもちろん、ニュースとして聞いても普通に勉強になるのでおすすめです。

 

オンライン英会話

英語のリスニング練習に使える教材3つ目はオンライン英会話です。

オンライン英会話は無料ではありませんが、実際に外国人講師と英語め会話するので、より実践的なリスニング力が鍛えられます。

 

一般的なリスニング教材で出てくる英語は、聞き手が聞き取りやすいようにゆっくり話していることが多いです。

もちろん、単純な試験対策としては勉強になりますが、より実践的な英語力を身につけたいなら会話練習をする必要があります。

オンライン英会話を使えば、リアルな会話スピードに慣れることができるのでおすすめです。

ちなみに、リスニング力を鍛えるのにおすすめのオンライン英会話は「ネイティブキャンプ」です。

ネイティブキャンプの特徴はレッスン回数が無制限で受け放題なこと。

月額6,480円で何回でもレッスンが受けられるので、短期間でリスニング力を鍛えたい人におすすめです。

 

 




公式サイト:ネイティブキャンプ

 

リスニングができれば世界が変わる

リスニングができれば世界が変わる

記事のポイントをまとめます。

  • リスニングを上達させるコツは、毎日英語を聞くこと
  • 毎回新しい音源を聞くのではなく、1つの音源を何度も聞くのがおすすめ
  • リスニングと合わせて、語彙力や発音も鍛えるとより効果的

以上です。

 

リスニング力をアップさせるためには、まずあなたのリスニングが上達しない理由を知ることが大切。

何も考えずやみくもに勉強していては、ただ時間とお金を浪費するだけです。

ぜひ今回紹介した内容を実践して、効率よく英語力を鍛えましょう!

 

 

関連記事>>>初心者におすすめのオンライン英会話5選【正しい使い方も解説します】

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください