1人でできる英語の発音練習方法【これなら恥ずかしくない!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         1人でできる英語の発音練習方法【これなら恥ずかしくない!】
Pocket

キレイな英語の発音を手に入れたい方へ。

 

「英語は好きだけど、発音が下手だから人前で話すのは恥ずかしい」

「ネイティブみたいに英語を話せたら、かっこいいな」

「とはいっても、どうやって練習すればいいかわからない」

このように考えている方は多いのではないでしょうか?

 

英語の発音練習には、ずばり超低速メソッドとシャドーイングを使った学習が効果的です。

どちらも自宅で1人でできるので、「英語を話すのが恥ずかしい」という方にもおすすめできます。

「超低速メソッドって何?」「シャドーイングってどうやるの?」という方もいると思うので、記事で具体的に解説します。

 

正しい発音が身につけば、今まで聞き取れなかった英語も聞き取れるようになるので、リスニング力もアップします。

英語の発音が上手くなると、もっともっと英語を話したいと思えるようになりますよ。

 

 

 

英語の発音を練習する前に…

英語の発音練習方法を紹介する前に伝えたいのは、私たち日本人は英語の発音を気にし過ぎているということです。

英語を第二言語として学んでいる外国人は、日本人ほど発音を気にしていません。

なぜなら、彼らは相手に伝えることをまず第一に考えているからです。

日本人と外国人の「英語の発音」に対する意識の違いについて、YouTubeチャンネル「バイリンガール英会話」のちかさんが自身の動画で解説しています。

 

 

 

この動画では、英語を第二言語とする外国人たちが自身の英語(の発音)をどう思っているかについて話しています。

彼らは、

  • 発音は完璧じゃなくてもいい
  • 相手が理解してくれればOK
  • 発音やアクセントの違いはその人のアイデンティティ

と考えているそうです。

つまり、発音が下手なことも含めて「自分らしさ」であり、恥ずかしいことではないと考えているのです。

 

また、彼らは次のようにも話しています。

  • ネイティブスピーカーは1言語しか話せない
  • 2つの言語を話せることを誇りに思うべき
  • 自分より英語が下手な人はたくさんいる
  • どんどん発言して間違えることで上達する

つまり下手でも英語を話せることに自信を持ち、積極的に話して間違えることで英語が上達すると考えているのです。

 

しかしながら、そうはいっても「やっぱり英語を話すのは恥ずかしい」「そんな風に割り切って考えられない」という方もいると思います。

そこでここからは、私がおすすめする1人でできる英語の発音練習方法を紹介します。

 

1人でできる英語の発音練習方法

1人でできる英語の発音練習方法

英語の発音を鍛えるうえで最も大切なのは、実際に英語を話すことです。

いくら発音記号や口の動かし方を覚えても、実際に使ってみなければいつまでたっても上達しません。

この「英語を話す練習」としては、実際に外国人と会話をするのが効果的なのですが、対人練習は恥ずかしいという方もいますよね。

今回紹介するのは、自宅で誰にも見られずに1人でできる練習法なので、ぜひ実践してみてください。

 

練習方法1:超低速メソッドで間違った発音を矯正

「超低速メソッド」は、正しい英語の発音を覚えるための練習方法です。

発音記号の読み方を知り、正しい発音を耳に覚えさせることで、間違って覚えてしまっている発音を矯正します。

 

具体的には、「完全版 超低速メソッド 英語発音トレーニング」という本を使用します。

この本では、1/3倍速という超低スピードの音声を使って、発音を矯正することができます。

通常スピードだと発音できない単語や音のつながりを、まず超低速で練習するというのがこの方法のポイントです。

実際に音声を聞くと「遅すぎる」と思うかもしれませんが、1/3倍速で聞くことで間違って覚えていた発音に気づくこともできます。

日本人が苦戦するLとRの違いや、thの発音も、ゆっくりなら発音しやすいので、超低速メソッドで確実に習得しましょう。

また、本の中では、移動中や空き時間にできる口の筋トレも紹介されています。

日本語と英語では口の使い方が異なるので、口の筋トレをして英語に口を慣れさせるのも効果的です。

 

 

練習方法2:シャドーイングで正しい発音を定着

超低速メソッドで発音を矯正したら、次はシャドーイングを使って正しい発音を定着させます。

シャドーイングで実際のスピードに合わせて練習することで、ネイティブスピードの発音を習得するのです。

 

シャドーイングは、聞こえてきた音声のすぐ後を、一字一句マネして読み上げる発音練習方法です。

発音やアクセントをマネするには、音声を正確に聞き取る必要があるため、スピーキングと同時にリスニング力も鍛えることができます。

ネイティブスピーカーは日常会話で、wanna(want to)やcoulda(could have)といった短縮表現をよく使います。

また、話すスピードが速くなるに連れて、単語と単語がつながって別の音に聞こえるため、慣れていないと聞き取ることができません。

このような状況に対応するためには、音声を正確に聞き取って発音するシャドーイングが効果的です。

 

シャドーイングのやり方

シャドーイングには、YouTubeを使うのがおすすめです。

YouTubeなら、字幕が出るうえに再生速度を調整できるので、英語力に合わせて練習することができます。

具体的なやり方ですが、初めは字幕ありで動画を見て大まかな内容を把握します。

このとき、意味のわからない単語があったら辞書で調べておきましょう。

2回目以降は、実際に音声に合わせて発音していきます。

発音できない箇所があったら、その都度止めて、発音できるようになるまで繰り返し練習しましょう。

どうしても聞き取れなかったり、発音できない場合は速度を落としても大丈夫です。

さいごまで音声について行けるようになったら、字幕を消して耳だけでコピーできるように練習しましょう。

音声を丸々暗記するくらいまで、何度も繰り返し練習するのがコツです。

 

音源の選び方

英語の音声は基本的に何でもOKですが、発音がキレイだなと思う人の動画を選ぶ方が良いでしょう。

自分が興味のある動画だと、モチベーションも上がるので継続しやすいです。

ちなみに、わたしのおすすめは「Andy Hoops」というチャンネルです。

このチャンネルは、NBAについての動画をアップしており、バスケ好きの私にピッタリの教材です。

他にも、有名人のスピーチやプレゼンテーションの動画などもおすすめです。

これらが全て無料で見れるなんて、YouTubeはありがたいですね。

 

 

 

番外編:スマホアプリで発音練習しよう

番外編:スマホで発音練習

さいごに、番外編として、発音練習に使えるスマホアプリを2つだけ紹介します。

スマホアプリなら、いちいち参考書を持ち歩かなくてもいいので、便利ですよね。

 

スタディサプリEnglish




公式サイト: スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

1つ目は、スタディサプリEnglishです。

スタディサプリは、スマホ上でレッスン動画の視聴や問題演習ができるアプリです。

「なりきりスピーキング」という機能があり、発音の練習や確認ができます。

他にも、「内容理解クイズ」や「ディクテーション」、「瞬間発話プラクティス」など様々な機能があるので、発音だけでなく総合的な英語力をアップさせたいという方におすすめのアプリです。

 

有料アプリですが、1週間の無料体験があります。

プランによってはキャッシュバックもあるので、気になる方はぜひ試してみてください。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

新日常英会話コース

月額

6ヶ月パック

12ヶ月パック

月額料金(税抜)

1,980

1,780

(キャッシュバックあり)

980

4月入会特典あり)

※AppStoreから申し込むと、月額2,500円になるのでご注意ください。

 

Siri

2つ目は、iPhoneの音声アシスタント機能「Siri」です。

こちらは、アプリではないですが、言語設定を英語にすると発音チェックができるので紹介します。

「Siriは知ってるけど、英語学習には使ったことがなかった」という方も多いのではないでしょうか。

アメリカ英語だけでなく、イギリス英語やオーストラリア英語なども設定できます。

英語以外にも様々な国の言語が登録されているので、気分転換に使ってみると面白いですよ。

 

まとめ:独学でも英語の発音は習得できる

独学でも英語の発音は習得できる

いかがでしたか?

今回は、1人でできる英語の発音練習方法を紹介しました。

英語を話すうえで「キレイな発音」は、必ずしも重要ではありませんが、最低限相手が理解できるレベルの発音は必要です。

「日本人だから」「留学したことないし」という理由で発音をあきらめていた方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください!

 

 

関連記事>>>【リエゾンとは?】ちょっと意識するだけで英語がかっこよく聞こえる発音のコツ

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください