英語の自己紹介|ビジネスで好印象を与える方法【例文を覚えて使い回そう】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         英語の自己紹介|ビジネスで好印象を与える方法【例文を覚えて使い回そう】
Pocket

あなたは、ビジネス英語で適切な自己紹介ができますか?

 

「仕事で英語の自己紹介する機会があったが、何を話していいかわからなかった」という経験をしたことはないでしょうか?

ビジネスシーンにおける自己紹介は、相手と良好な関係を築くうえで最も重要なポイントです。

日本語でも、第一印象が悪いと「この人とは仕事をしたくないな」と思うことってありますよね。

ビジネス英語の自己紹介は、あなたの人生を左右しかねない重要なフレーズなのです。

 

「難しそうだな」と思った方も、安心してください。

本記事で紹介する例文を覚えておけば、あとはそれを自分の仕事や職業に置き換えるだけでOKです。

難しい文法は一切ありません。

この記事を読めば、誰でも簡単に「好印象を与える自己紹介」ができるようになりますよ。

 

 

 

自己紹介で好印象を与えるポイント

自己紹介で好印象を与えるポイント

ビジネスシーンにおける自己紹介で、相手に好印象を与えるためのポイントは、ずばりポジティブな話をすることです。

たとえば、出身地の話をするときはその街の好きなところを紹介しましょう。

また、自分の仕事内容を説明するときも、その仕事のこういうところが楽しい・好きだというように話すと印象が良いです。

 

これらは、日本語だと当たり前のように聞こえますが、いざ英語になると意外と忘れてしまう人が多いです。

とりあえず知っている英語を話した結果、ネガティブな話になって相手に良くない印象を与えてしまう可能性もあります。

もちろん、「自分は英語が下手だから」などと言うのもNGです。

自分の評価を下げるような内容を、わざわざ言う必要はありません。

「ポジティブな話をする」これを心がけてください。

 

ビジネスシーンの自己紹介

では、具体的にビジネス英語で自己紹介をする方法を紹介します。

 

ビジネスシーンでは、単純に名前を名乗るだけでなく、自分の職種や部署、肩書について説明する必要があります。

会社の事業内容や歴史、さらには顧客や競合他社について説明できると、より完璧です。

順番に説明していきます。

 

名前の伝え方

名前の伝え方

初対面の相手に名前を伝える場合は、次の2つのフレーズがあります。

  • My name is 〇〇.
  • I’m 〇〇.

「My name is」はフォーマルな表現、「I’m」はどちらかというとカジュアルな表現です。

よく、「プレゼンのようなグループの前で自己紹介する場合は ”My name is” を使い、知り合いや友達に挨拶するときは “I’m” を使う」と説明されていますが、どちらを使えばいいか迷うという場合は、My name is を使っておけば、ビジネスシーンでは間違いないです。

 

参考:Hapa英会話
「My name is」は使わないって本当?

 

名前を伝えた後は、相手とより距離を縮めるためにも、下の名前で読んでもらうように伝えると効果的です。

  • Please call me □□.(□□と呼んでください。)
  • you can call me □□.(□□と呼んでもらって大丈夫です。)

 

また、相手に名前を伝えられた場合は、以下のように相手の名前を繰り返して聞き間違いがないか確認するといいです。

  • It’s a pleasure to meet you, Mr. 〇〇.(お会いできて光栄です、〇〇さん。)
  • Nice to meet you, Mr. 〇〇.(お会いできてうれしいです、〇〇さん。)

 

ちなみに、相手が呼び方を教えてくれなかった場合は、次のように尋ねることができます。

  • What/How should I call you?(何とお呼びすればいいですか?)
  • How should I address you?(※上記より丁寧な表現)
  • May I know how I should address you?(呼び方を伺ってもよろしいですか?)

 

出身地について話す

出身地について話す

自己紹介で定番なのが、自分の出身地や住んでいる地域についての会話です。

ビジネスシーンに限らず、日常会話の自己紹介でも使えるので、覚えておくと便利です。

 

自分の出身地や住んでいる場所を伝える場合は、次のように言います。

  • I’m from 〇〇.(私は〇〇出身です。)
  • I was born and raised in 〇〇.(私は〇〇で生まれ育ちました。)
  • I was born in 〇〇, but I grew up in ~.(私は〇〇で生まれ、〜で育ちました。)
  • I live in 〇〇.(〇〇に住んでいます。)

 

単純に出身地を言うだけだと、会話がすぐに終わってしまいます。

話を続けるためにも、相手に質問して会話を膨らませましょう。

質問をする際は、以下のフレーズが使えます。

  • Do you know 〇〇?(〇〇は知っていますか?)
  • Yamanashi is famous for Mt.Fuji.(山梨県は富士山で有名です。)
  • How about you?(あなたはどうですか?)

 

会社について説明する

会社について説明する

お互いに名前を紹介しあったら、自分がどんな会社で働いているか説明します。

ここでは、会社名(Company)・事業内容(Business Description)・会社の場所(Location)について説明する方法を紹介します。

最低限、この3つは言えるようにしておきましょう。

  • I work at/for 〇〇.(私は〇〇で働いています。)
  • Our main business is ~.(私たちの主力事業は〜です。)
  • We manufacture/produce/make/provide ~.(私たちは〜を製造・提供しています。)
  • Our company is located in ~.(私たちの会社は〜にあります。)
  • We have offices in A and B.(我々はAとBにオフィスがあります。)

 

実際に、会社名や事業内容を入れてみると、以下のような感じです。

  • I work for Sony Corp.(私はソニーで働いています。)
  • We are a manufacturer of electronic devices.(私たちは電機メーカーです。)
  • We make various types of electronic appliances and devices like TVs, stereos, computers and smartphones.(私たちはテレビ、ステレオ、パソコン、スマートフォンといった電子機器を製造しています。)
  • Our headquarter is located in Shinagawa Ward.(私たちの本社は品川区にあります。)

 

余裕がある方は、次のようなフレーズも使ってみると、表現の幅が広がります。

  • Our customers are not individual consumers/users, they are corporate clients.(我々のお客さんは個人の消費者ではなく、法人の企業です。)
  • We have about 100,000 customers worldwide.(我々は世界中におよそ10万人の顧客がいます。)
  • We make machines that are used to make/manufacture electronic products.(私たちは電子機器を製造するための機械をつくっています。)
  • Toshiba is enjoying the support of the Japanese government in form of subsidies.(東芝は日本政府から補助金という形で支援を受けています。)
  • There are over 10,000 employees in my company.(私たちの会社では1万人以上の従業員が働いています。)
  • We have many local staff based in overseas locations.(たくさんの現地スタッフが海外の拠点で働いています。)
  • Our main factories are in Japan, but we have them in China too.(メインの工場は日本にありますが、中国にも工場があります。)
  • There are around 100 people in my department.(私の部署にはおよそ100人が所属しています。)

 

仕事について説明する

仕事について説明する

つづいて、自分の仕事内容を説明するフレーズです。

自分の仕事について話す場合は、部署(department)・職種(position)・職責(responsibility)を説明する必要あります。

  • I’m a mechanical engineer in the research and development department.(私は研究開発部でメカエンジニアをしています。)
  • I’m responsible for designing new product.(私は新製品の設計を担当しています。)
  • I’m in charge of marketing department.(私はマーケティングを担当しています。)

 

ちなみに、職種や部署名については、以下のサイトが参考になります。

 

参考:グローバル転職navi

英語の部署名・役職名単語集

 

余裕がある方は、部署や職種に加えて、経歴についても説明できると話が広がります。

  • I’m a new employee.(私は新入社員です。)
  • I’m a newbie in this company.(私はこの会社の新人です。)
  • I’m just undergoing training.(私は今研修期間中です。)
  • I’ve worked at this company for 10 years.(私はこの会社で働いて10年になります。)
  • I’ve retired this company last year.(私は去年この会社を退職しました。)

 

第三者を紹介する方法

第三者を紹介する方法

さいごは、自己紹介ではなく、他者を紹介するフレーズをシェアします。

自分以外の第三者を紹介するときは、肩書(title)と職種(position)を伝えましょう。

  • I’d like you to meet my boss, 〇〇. (あなたに私の上司の〇〇を紹介します。)
  • He is our department manager.(彼は私たちの部署のマネージャーです。)

 

また、直接会って紹介するのではなく、間接的に他の人を話題にする場合は、その人の外見や性格を伝えてあげると親切です。

  • What’s he look like?(彼はどんな〈見た目の〉人ですか?)
  • He is tall and has black hair.(彼は黒髪で背が高いです。)
  • What’s he like?(彼はどんな〈性格の〉人ですか?)
  • He’s a very kind person.(彼はとても親切です。)
  • He is approachable.(彼は親しみやすい・話しかけやすいです。)

 

まとめ

英語の自己紹介|ビジネスで好印象を与える方法【例文を覚えて使い回そう】

以上、ビジネスシーンで使える英語の自己紹介フレーズを解説しました。

ビジネス英語の自己紹介では、ポジティブな話をすることが大切です。

相手に良い印象を持ってもらうことで、その後の仕事をスムーズに進めることができます。

 

英語が苦手な方でも大丈夫です。

今回紹介した例文は、職業や名前を置き換えれば、誰でも使い回すことができますので、ぜひ覚えて使ってみてください。

 

 

関連記事>>>ビジネス英語の勉強におすすめのオンライン英会話3選【理由も解説】

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください