理系に英語が必要な理由とおすすめの英語学習方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         science
Pocket

この記事では、理系の学生やエンジニアに英語が必要な理由と、理系の人におすすめの英語学習法を紹介します。

 

「理系だから数学は得意だけど英語は苦手。」

「理系に英語は必要ないでしょ。」

と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

たしかに、英語は文系科目で大学によっては入試に必要ない場合もあります。

しかしながら、大学で研究する、あるいは技術者として就職すると、英語の論文・国際学会・海外出張となど様々な場面で英語が必要になります。

 

このような場合に英語が使えないと、自分の研究が世界に発表できない・会社で昇進できないなどの弊害が生まれます。

 

理系に英語が必要な理由を理解することで、英語学習に対するモチベーションが上がりますよ。

 

 

関連記事>>>TOEICって意味あるの?885点取ったら周りからの評価がめちゃくちゃ上がった話

 

 

理系に英語が必要な理由

受験生にとって英語は文系科目であり、理系の人は苦手としている人も多いです。実際、理系の学部は入試科目が数学・理科のみの場合も多く、英語が苦手でも受験は合格することもあります。

しかしながら、英語が苦手なまま放っておくと、大学4年生になって研究が始まったとき、あるいは就活を終えて社会人になった後に非常に苦労します。

では、どのような理由で英語が必要になるのでしょうか?以下で具体的に說明します。

 

英語で論文を読む・書く

thesis

理系の学生は、研究が始まると関連する論文を読んだり、研究の成果を論文にまとめて発表したりします。

論文を書く際は、ネットや書籍を調べながら書くことになりますが、基本的に調べ物は英語の方が圧倒的に情報量が多いです。

したがって、研究を進めるうえでは、まず日本語で調べて知りたい情報が見つからなければ、その後に英語で調べるという作業が必要になります。

もちろん、専門用語などは英語だと全然わからないので、始めは調べながら論文を読み進めるのですが、基本的な単語や文法がわからないと論文を読むのに非常に時間がかかってしまいます。

 

国際学会で発表する

academic-conference

大学の研究室では、成果が出ると結果を論文にまとめて国際学会で発表する機会があります。国内の学会の場合は日本語の論文でよいのですが、国際学会ではもちろん英語で論文を書きます。

このとき、正しい英語が使えず研究内容が上手く伝わらないと、審査に通らず学会に参加できないということになってしまいます。

また、審査に通過したら英語でプレゼンテーションをしなければいけません。英語で資料を作り英語で発表するので、英語が苦手な人は苦労するでしょう。

 

就職活動

job-hunting

最近では、採用基準にTOEICのスコアを条件にしている企業があります。多くの場合は600〜730点ですが、一部の企業は800〜900点以上というところもあります。

もちろん、ほとんどの企業はTOEICによる足切りはありませんが、足切りがある企業を受けたい場合英語力は必須でしょう。

 

会社での昇進

promotion

さきほど、就職活動でTOEICのスコアが必要になる企業があると説明しましたが、入社後にTOEIC(あるいはその他の英語テスト)が必要になるケースもあります。

多くの会社では、入社後に英語のテストを受けさせられ、場合によってはその結果が今後の昇進に影響してくることもあります。

したがって、大学を卒業しても継続的に英語を学習する必要があります。

 

英語で調べ物をする

search

大学で英語の論文を読むと説明しましたが、会社に入ってからも英語で調べ物をすることは多々あります。

例えば、プログラマーの場合は、デバッグ(バグを見つける)をする際エラーメッセージを検索して解決策を見つけますが、このエラーメッセージは英語で出力されます。したがって、検索結果も英語の方が多く、英語がわからないと解決方法がわからないということになります。

 

海外出張・駐在

business-trip

グローバル化に伴って、日本の企業であっても海外の顧客と仕事をする機会は多くなっています。

特に理系の人(エンジニア)は、取引先の企業が海外の場合、英語の電話会議があったり、海外出張で顧客のところに行き工場の立上げをしたりします。

もちろん、海外出張や駐在は拒否することもできるかと思いますが、海外経験が豊富な人材は昇進や、転職の際にも有利と言えます。

 

理系におすすめの英語学習方法

英語が苦手な理系の人におすすめな英語学習法は、ずばり「チームで勉強する」ことです。

同じ研究室や会社の同期と一緒に勉強することで、挫折しにくく確実に英語力を上げる事ができます。

具体的には、毎日一言英語で会話する・TOEICの点数を勝負する・一緒に英会話教室やオンライン英会話を始めるといった方法がおすすめです。

 

毎日一言英語で会話する

私は以前オンライン英会話の先生に「一番良い英語学習法」について聞いたことがあります。そのとき、この「毎日一言英語で会話する」という方法を教えてもらいました。

How are you?やHow is the weather today?など簡単な会話でいいので、恥ずかしがらずに話すことで自身がつき英語力がアップすると言われました。

実際、私もこの方法を聞いてから、毎日一言英語で会話することようになり、英語を話すことへの恥ずかしさが消えて堂々と英語を話せるようになりました。

 

TOEICの点数を勝負する

この方法は、TOEIC以外にTOEFLや英検など結果を競うことができるものに応用できます。

研究室のメンバーや会社の同僚と勝負することで、英語の勉強に対するモチベーションが維持しやすいので、英語が苦手な人におすすめの方法です。

 

一緒に英会話教室・オンライン英会話を始める

英会話教室やオンライン英会話を友人と一緒に始めるメリットは2つあります。1つ目は料金が安くなること、2つ目は挫折しにくいことです。

英会話教室やオンライン英会話では、友達を紹介すると紹介料として受講料が割引になるケースがあります。

英会話教室の最大のネックはその料金が高いということです。したがって、友達と一緒に英会話を始めることで通常より安く英語を学ぶことができます。

また、英会話は始めてすぐに効果が出るようなものではないので、英語が苦手な人は挫折しやすいです。したがって、友達と一緒に始めることで楽しく続けられ挫折しにくくなります。

 

まとめ

理系に英語が必要な理由は以下の通りです。

  • 英語で論文を読む・書く
  • 国際学会で発表する
  • 就職活動で必要
  • 会社での昇進に必要
  • 英語で調べ物をする
  • 海外出張・駐在がある

また、英語が苦手な理系の人におすすめの学習法は「チームで勉強する」ことです。毎日一言英語で会話する・TOEICの点数を勝負する・一緒に英会話教室やオンライン英会話を始めるといった方法で学習することで、挫折せずに英語力を上げることができます。

 

 

次の記事へ>>>ちょっと意識するだけで英語がかっこよく聞こえる発音のコツ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください