海外にはない?日本特有の「5月病」を英語で説明しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         worried-girl
Pocket

新入生や新入社員の中には、ゴールデンウィークが終わると、なんとなくやる気がでなかったり体がだるく感じたりする、いわゆる「5月病」になる人もいるかと思います。

 

では、「5月病」は英語でなんと言えばよいのでしょうか。

今回は、「5月病」に関する英語表現と5月病で見られる症状を表す英語フレーズを紹介します。

 

 

5月病とは

「5月病」は、新入生や新入社員が新しい環境にうまく対応できないことが原因で起こる精神症状のことです。

日本では、毎年4月に進学や就職によって新しい環境に変わる人が多いです。

そのため、新しい環境にうまく対応できない人は、連休が終わる5月頃に心身の不調を感じることが多いので「5月病」と言われています。

 

5月病を英語で言うと?

sad-girl

「5月病」は日本特有のもので、「5月病」を表す英語はありません。

「5月病」を和英辞典で検索すると

 

May blues

May disease

 

と訳されますが、外国人に言っても通じない場合が多いでしょう。

そのため、外国人に「五月病って何?」と聞かれた場合は、以下のように文章で説明するのがよいでしょう。

May blues is the depression that appears among college freshmen or workplace recruits shortly after beginning school or work.
(「五月病」は学校や会社が始まってすぐ、新入生や新入社員に見られる憂鬱な気持ちのことです。)

ちなみに、blueは「憂鬱な・陰気な」という意味を表し、ここでは日本語の「ブルーな気持ち」と同じ使われ方をしています。

 

海外における5月病

January

さきほど説明したように、海外には「5月病」という言葉はありません。

海外では、4月から新学期や新年度が始まる国が少ないというのがその理由の1つです。

そのため、アメリカでは夏休みが明ける9月や、お正月休みが明ける1月に気分が落ち込む人も多く、それぞれ「September blues」や「January blues」と呼ばれています。

January bluesについては、アメリカ以外にもクリスマス休暇を重視する国でよく見られる症状です。

また、韓国では新学期の始まる3月に「5月病」のような症状が、ブラジルではサンバカーニバルが終わる2月後半から3月にかけて「カーニバルロス」があるそうです。

 

5月病の症状を表す英語表現

worried-girl

5月病であらわれる症状には、やる気がでない、食欲がない、集中できないなどがあります。

そこでここからは、5月病の症状を表す英語表現を紹介します。

I don’t feel like going to school today.
(今日は学校に来たくない。)

I have no appetite at all.
(食欲が全くない。)

I haven’t been able to sleep well recently.
(このところよく眠れない。)

I can’t concentrate because of lack of sleep.
(睡眠不足で集中できない。)

I feel tired all over.
(体中がだるい。)

I feel lazy for some reason.
(どういうわけかやる気が出ない。)

 

まとめ

「5月病」は4月に新学期が始まる日本特有のもので、「5月病」を表す英語はありません。

したがって、外国人に5月病を説明するときは、文章で説明するのがよいでしょう。

 

 

次の記事へ>>>ジューンブライド(June Bride)に使いたい!「結婚」に関する英語表現まとめ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください