英辞郎とは?英語学習者にはGoogle翻訳よりもオンライン辞書がおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         英辞郎とは?英語学習者にはGoogle翻訳よりもオンライン辞書がおすすめです
Pocket

英語訳を調べるとき、Google翻訳ばかり使っていませんか?

 

Google翻訳は、たしかに手軽で便利ですが、英語学習として使うならオンライン辞書の「英辞郎」がおすすめです。

なぜなら、Google翻訳は、たとえば単語を入力したとき、意味はわかりますがその単語が実際の会話でどう使われるかまで教えてくれないからです。

一方、英辞郎なら、例文がたくさんあるので、単語の意味だけでなくその使い方まで調べることができます。

 

そこで今回は、私が英単語を調べるときにいつも使っているオンライン辞書「英辞郎」について紹介します。

無料版、有料版、そしてスマホアプリもあるので、自分の学習スタイルに合ったものを選ぶといいですよ。

 

 

英辞郎とは

「英辞郎」は、株式会社アルク(ALC PRESS INC.)が提供するオンライン辞書です。

アルクは、受験対策やTOEIC対策の参考書もたくさん出版しているので、知っている方も多いですよね。

オンライン辞書の「英辞郎」には、単語に加えてイディオムや専門用語、固有名詞、スラングなどが幅広く収録されています。

様々な分野の専門用語がカバーされているので、仕事で英語を使うという人にもおすすめです。

例文も豊富で、例えば「英語 勉強」と複数のワードで検索したら、以下のように「英語」と「勉強」を含む例文を表示してくれます。

英辞郎 on the web pro

 

また、検索語句の前後で使用頻度が高い3語を表示する「頻度集計」や、検索語を中心に置いて一覧表示させる「整列表示」という機能があり、実際によく使われる自然な英語を調べることができます。

個人的には、この2つの機能はめちゃくちゃ気に入っています。

英辞郎 on the web pro 頻度集計

英辞郎 on the web pro 整列表示

 

英辞郎の種類

英辞郎には、オンラインで使える「英辞郎 on the Web」、「英辞郎 on the Web Pro Lite」、「英辞郎 on the Web Pro」の3種類があります。

また、iOS・Android対応の無料アプリ「英辞郎 on the Web」もあり、ログインするとPC版の単語帳や履歴を共有することができます。

 

英辞郎 on the Web

「英辞郎 on the Web」は、無料・会員登録なしで利用できます。

検索結果に例文は表示されませんが、熟語や短いフレーズは表示されるので、単語やフレーズの使い方を調べる程度なら充分使えます。

 

(例)「英辞郎 on the Web」で「英語 勉強」と検索した場合

(例)「英辞郎 on the Web」で「英語 勉強」と検索した場合

 

ただし、検索履歴や単語帳登録などの追加機能は利用できないので、それらを利用したい方は、次に紹介する「英辞郎 on the Web Pro Lite」や「英辞郎 on the Web Pro」を利用する必要があります。

 

英辞郎 on the Web Pro

「英辞郎 on the Web Pro」は、300円/月、もしくは3300円/年で利用できる有料サービスです。

例文の数が非常に豊富で、条件を指定して結果を絞り込めるので、速やかに最適の表現を探し出すことができます。

 

また、Pro版では下記の機能が、追加で使えます。

検索履歴 検索した語句の履歴を最大50件(Lite版は10件)まで確認できます。
単語帳登録 検索結果から記録しておきたい見出し項目を20,000件(Lite版は100件)まで登録できます。
頻度集計 検索キーワードの前後で使用頻度が高い3語目までを表示します。
整列表示 検索結果を、検索語を中心に置いて一覧表示させます。

 

忘れやすい単語は単語帳に登録しておけば、いちいち検索しなくても意味を確認できるので便利です。

また、頻度集計や整列表示を使うと、単語の実際の使われ方がわかるので、より自然な英語が身に付きます。

 

英辞郎 on the Web Pro Lite

「英辞郎 on the Web Pro Lite」は無料の会員登録が必要で、Pro版の機能を一部制限したサービスです。

検索履歴 最大10件まで
単語帳登録 最大100件まで
頻度集計 利用不可
整列表示 利用不可

 

ただし、初めて利用する場合は、登録後30日間はPro版と同じ機能が使えます。

30日使ってみて、頻度集計や整列表示の機能もあった方がいいなと感じたらPro版を利用するといいでしょう。

 

参考:アルク

「英辞郎 on the Web Pro」関連3サービスの比較

 

iOS Androidアプリ「英辞郎 on the Web」

英辞郎には、スマートフォン(iPhone・Android)・iPad用の無料アプリもあります。

Pro版、もしくはLite版を使っていれば、アプリでログインするとPC版のデータを共有できます。

外出先でも、スマホで簡単に検索履歴や単語帳を確認できるので、便利です。

また、見出しは音声再生を利用できるので、発音がわからないときに使えます。

 

英辞郎を使うメリット

英辞郎を使う一番のメリットは、ネイティブが使うような自然な表現を調べられるという点です。

 

英単語を覚えるときは、単純に意味だけ覚えるのではなく、コロケーション(よく使われる組み合わせ)で覚えることが重要です。

コロケーションで覚えることで、いちいち日本語に翻訳しなくてもフレーズが思い浮かぶようになるので、スムーズに会話できるようになります。

 

英辞郎では、複数のワードでも検索が可能なので、目的のフレーズや例文が探しやすくなっています。

また、頻度集計や整列表示機能があるので、実際の会話でよく使われる自然な英語を検索できます。

 

 

 

まとめ

英辞郎とは?英語学習者にはGoogle翻訳よりもオンライン辞書がおすすめです

英語学習者には、Google翻訳よりもアルクの「英辞郎」がおすすめです。

英辞郎には、無料で使える「英辞郎 on the Web」・「英辞郎 on the Web Pro Lite」、有料で便利な追加機能がある「英辞郎 on the Web Pro」、スマホやタブレットで使えるアプリ版があります。

より自然な英語を学習したい方は、頻度集計や整列表示などの機能が使える「英辞郎 on the Web Pro」がおすすめですよ。

 

 

関連記事>>>DMM英会話なんてuknow?がおすすめな理由【Google翻訳との違いも】

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください