【丸暗記OK】最低限覚えておきたいビジネス英語フレーズ6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         最低限覚えておきたいビジネス英語フレーズ6つ
Pocket

海外の企業と仕事をする会社だと、急な打ち合わせや電話対応で、英語が必要になる場面ってありますよね。

「とっさに英語で話しかけられて、何も返事ができなかった。」

「いきなり英語の電話がかかってきて、焦った。」

という経験をした方も、少なくないのではないでしょうか?

実際私も、仕事で海外のお客さんとやり取りをする機会がありますが、一番初めは一言も話すことができませんでした。

 

そこで今回は、いざという時に役立つビジネス英語のフレーズを厳選して紹介します。

あれこれ説明しても覚えられないかと思いますので、6個だけです。

丸暗記しておけば、いざという時に使えます。ぜひ活用してください。

 

 

 

最低限覚えておきたいビジネス英語フレーズ6つ

最低限覚えておきたいビジネス英語フレーズ6つ

シチュエーション別に6つだけ紹介します。

簡単ですので、丸暗記してください。

  1. Nice to meet you.(はじめまして。)
  2. I’m responsible for ~.(〜を担当しています。)
  3. Thank you for ~ing.(〜してくれてありがとうございます。)
  4. Have a good day.(良い1日を。)
  5. Could you repeat your name, please?(もう一度お名前をお伺いできますか?)
  6. I’ll transfer you to the person in charge.(担当者に代わります。)

 

1.あいさつ「Nice to meet you.(はじめまして。よろしくお願いします。)」

こちらはすでに知っている方がほとんどだと思います。

“Nice to meet you.”はビジネスシーンでもよく使います。

似たような表現に「Nice to see you.(お会いできて嬉しいです。)」や「Nice meeting you.(お会いできてよかったです。)」などがありますが、とりあえずは覚えなくて大丈夫です。

初対面の人には「Nice to meet you.(はじめまして。よろしくお願いします。)」とだけ覚えましょう。

 

2.自己紹介「I’m responsible for ~.(〜を担当しています。)」

自己紹介で、自分がその仕事の担当者だと伝えるときに使うフレーズです。

”〜”の部分には、実際に自分が担当している商品や業務の名前を入れてください。

また、同じ意味の表現に「be in charge of ~」があります。

両方覚えようとすると混乱するので、どちらか好きな方だけ覚えてください。

(例)I’m responsible for designing new product.(新製品の設計を担当しています。)

 

3.お礼「Thank you for ~ing.(〜してくれてありがとうございます。)」

感謝の気持ちを表すときは、”Thank you”に続けて内容をつけ加えます。

1つ注意したいのが、動詞は原形や不定詞ではなく、現在進行形(〜ing)を使うということです。

これさえ間違えなければ、いろんなシチュエーションに応用できるので、覚えてくおくと便利です。

 

(例)Thank you for coming.(お越し頂きありがとうございます。)

 

4.別れ「Have a good day.(良い1日を)」

別れ際に使う英語表現はたくさんありますが、”Have a good day”はフォーマルな場面で使えるフレーズです。

こちらも、類似表現がいろいろありますが、とりあえずは上記を覚えておけばOKです。

また、相手から”Have a good day.”と言われた場合は、「Thanks.(ありがとう。)」や「You too.(あなたもね。)」などと返します。

わからなくなったら”Thank you”でも大丈夫です。

 

(例)Thank you for coming today. Have a good day.(本日はお越しいただきありがとうございました。良い1日を。)

   - Thank you.(こちらこそありがとうございました。)

 

5.電話1「Could you repeat your name, please?(もう一度お名前をお伺いできますか?)」

とっさに英語の電話がかかってくると焦りますよね。

相手がどこの会社の何者なのか、まったく聞き取れないということも多いと思います。

そんなときに使えるのが、このフレーズです。

とりあえず相手の会社と名前だけ聞き取れれば、あとは担当者に電話を代わることができます。

 

6.電話2「I’ll transfer you to the person in charge.(担当者に代わります。)」

電話対応で、相手の英語が聞き取れない場合に使える魔法のフレーズが、こちらです。

これさえ覚えておけば、内容がわからなくても担当者に丸投げできるので、絶対に覚えておきましょう。

もちろん、電話を代わるときは、さきほど聞いた相手の会社名と名前を伝えるの忘れずに。

 

もっと他のフレーズも知りたいなら…

もっと他のフレーズも知りたいなら…

以上、ビジネス英語で最低限覚えておきたいフレーズを6つだけ紹介しました。

もちろん、実際の会話では、今回紹介したフレーズ以外にもたくさんの英語が出てきます。

もっと本格的なビジネス英語を勉強したいという方は、オンライン英会話がおすすめです。

オンライン英会話を使えば、自宅にいながら外国人講師のレッスンが受けられるので、仕事が忙しい方でも続けられます。

デメリットとしては、料金が高いことがあげられますが、スクールを選べば費用を抑えながら利用することもできます。

下記記事では、料金の安さ・質の高さ・学習スタイル(平日・土日)の3つを軸に、おすすめのスクールを紹介しているので、本格的にビジネス英語を勉強したいという方はチェックしてみてください。

 

 

 




オンラインで学ぶ「高品質」ビジネス英会話 Bizmates(ビズメイツ)

 

 

関連記事>>>【超基本】英語で自己紹介する方法!ビジネスマンなら知っておくべき!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください