「借りる」「貸す」は英語で何て言う?正しい表現を使い分けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
         「借りる」「貸す」は英語で何て言う?正しい表現を使い分けよう
Pocket

「お金を借りる」って英語で言えますか?

 

「借りる・貸す」を表す英語には、borrow・lend・rentなどがありますが、これらは微妙にニュアンスが異なります。

たとえば、モノを無料で借りるときはborrowを、モノを有料で借りるときはrentを使うといった感じです。

「そんなの覚えられないよ」と思った方も、安心してください。

今回は、「借りる・貸す」という時に使える英語表現を、例文とともに紹介します。

 

「こういう時はこの単語を使う」といったややこしい英語の場合は、例文を使って感覚で覚えるのがコツですよ。

 

 

 

「借りる・貸す」を表す英語10つ

「借りる」「貸す」は英語で何て言う?正しい表現を使い分けよう

今回は、10つの英語表現を紹介します。

すべて、「借りる・貸す」という意味を表すものですが、使えるシチュエーションが違いますので、例文と一緒に覚えるようにしてください。

 

  • モノやお金を無料で借りる → borrow
  • モノやお金を無料で貸す → lend
  • 部屋やモノを有料で借りる → rent
  • 期間を決めて借りる → lease
  • 一時的に人やサービスを借りる → hire
  • 飛行機や船を借りる → charter
  • お金を借りている状態 → owe
  • 力を借りる → give / ask a favor
  • 使わせてもらう → use
  • 試着する・試す → try

 

1.borrow

borrowは無料で借りる、あるいは返すことを前提に一時的に借りるとき使われます。

「忘れ物をしたから友達に借りる」、「図書館で本を借りる」という場合など、日常的によく使われる動詞です。

 

  • I borrowed a book from a library.

(図書館で本を借りた。)

  • Can I borrow your eraser? I forgot to bring it with me.

(消しゴム貸してくれない?持ってくるの忘れちゃったんだ。)

 

2.lend

lendは「貸す」を表す単語で、日常でよく使われる動詞です。

borrowと同じように、「無料」で貸す場合に用いられます。

 

  • Could you lend me some money?

(お金を貸して頂けませんか?)

  • Would you lend me something to write with?

(何か書くものを貸して頂けませんか?)

 

3.rent

rentは名詞で「家賃」という意味があり、部屋や土地などを有料で借りる場合に使います。

部屋や土地以外にも、洋服やDVD、自動車をレンタルするときはrentが使われます。

 

  • I rented a car for two days.

(2日間車を借りる。)

  • I rented a room close to the station.

(駅に近い部屋を賃借りする。)

 

また、rentは自動詞として使用すると「貸す」という意味になります。

「借りる」のときと同様に、部屋や土地、レンタカーを有料で貸す場合に使われます。

  • I rent a spare room to my friend.

(空き部屋を友達に貸し出す。)

 

4.lease

leaseも、rentと同じく有料で「貸す」・「借りる」場合に使用されます。

ただし、leaseの場合は契約を結んで特定の期間貸す・借りるという意味になります。

 

  • I lease a line from NTT.

(NTTから回線を借りる。)

  • I lease a car to my friend.

(友達に車を貸し出す。)

 

5.hire

hireには「(人を)雇う」という意味があり、お金を払って一時的にモノを借りる場合に使われます。

 

  • The company hires 100 employees annually.

(毎年100名の新入社員を採用する。)

  • hire a housekeeper

(お手伝いさんを雇う)

 

6.charter

charterは、飛行機・車・船をチャーターするという意味です。

日本語でも使われるので、覚えやすいですね。

 

  • charter a bus

(バスを貸し切る)

  • charter a boat

(船を貸り切る)

 

7.owe

oweは「(人に)借り(借金)がある」、「〜のおかげである」という意味があります。

「owe A B」あるいは「owe B to A」で「AにBを借りている」という意味になります。

文法問題などでよく出題されるので、覚えておくといいです。

 

  • I owe a lot of money to the bank.

(銀行に多額の借金がある。)

  • I owe you one.

(借りができたね。)

ちなみに、I owe youは、直訳すると「あなたに借りがある・あなたのおかげである」となり、借りがある・世話になる・感謝しているという意味を表します。

 

8.give / ask a favor

物理的なモノではなく、「力を借りる」というときはgive、もしくはask a favorを使います。

 

  • Could you give me a hand?

(ちょっと力を貸してくれない?)

  • May I ask a favor of you?

(お願いがあるのですが?)

 

9.use

useは、その場で一時的に借りる・使う場合に用いられます。

たとえば、外出先で電話やトイレを借りるときは、useを使います。

 

  • I’ll need to use a telephone.

(電話をお借りできますか?)

  • Can I use the bathroom?

(トイレをお借りできますか?)

 

10.try

店で商品を試着する・試す場合はtryを使います。

ただし、イギリス英語では、give it a goという形が使われます。

 

  • Can I try this coat on?

(このコート試着できますか?)

  • Can I give it a go?

(これ試着してみてもいいですか?)

 

まとめ

「借りる」「貸す」は英語で何て言う?正しい表現を使い分けよう

いかがでしたか?

今回は、「借りる・貸す」に関する英語表現を10個紹介しました。

もちろん、1度にすべて覚えられなくても大丈夫です。

1つずつでいいので、実際に使っていくうちに、自然と使い分けられるようになります。

ここで紹介した例文を参考に、ぜひ「借りる・貸す」を英語で説明できるようになってください!

 

 

関連記事>>>「暇でやることがない」は英語でなんて言う?予定がないことを伝える表現

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください